maikeruポケモン総研

maikeruのポケモン研究ブログです。通常ルールの他、伝説ポケモンに関する記事も充実しています。maikeru's Pokemon Blog

無双竜機ギラティナ:ジェネレーションショーダウン使用パーティ

ジェネレーションショーダウンで使用したパーティです。戦績は24勝4敗 最終レート1768で28位でした。

 狙いはコジョンドのカムラ投げつけるを弱点保険ギラティナに当て、攻撃2段階・素早さ1段階上昇のギラティナのガード貫通シャドーダイブで相手を確実に1体ずつ倒していくというもの。

とはいえこれだけで勝てるほど甘くはないだろうということで追い風からの噴火ゲンシグラードンによる制圧もサブの勝利パターンに。ギラティナグラードンのサポート役として攻撃を引き寄せるこのゆびとまれトゲキッス。この4体が基本選出で、相手に応じて気まぐれに残りのメガポケモンを選出したりする。

以下個別解説

コジョンド(NN:リィエン) ようき@カムラのみ HP:141 AT:177 DF:80 SA:* SD:80 Sp:172

ねこだまし とびひざげり なげつける ファストガード

「ダブルは初手ねこだましや!」な自分にとってなかなか信じられるポケモンで、なんと28戦中27戦先発で選出。特性はコンボ成功を第一に考えねこだましをされても安心の精神力。ワイドガードを警戒されることが多かったもののファストガードを持たせたのは正解で、強化後のギラティナいたずらごころや不意討ちから守ってくれた。

ギラティナシャドーダイブ時にまだ場に残っていたらシャドーダイブと同じ方向に飛び膝蹴りを打つとノーマルや悪に交代された場合でもそのまま倒せ、かつ交代されなければその横のポケモンを攻撃できる。ガード貫通のシャドーダイブだからこそできる集中攻撃。

自主退場のためにギルガルドに飛び膝を打ったらガルーラが出てきて「これは!?」と思ったら膝を割って予定通り退場したり、木の実を3回程ギラティナの急所に投げつけたり、メガガルーラねこだまし+ふいうちでカムラのみを食べてしまって投げつけるが不発になったり(キレそう)今回の芸人枠でもあった。

相手の初手クロバットレックウザに何もできないこともあったけれどもなんだかんだ毎試合本当によく頑張ってくれたと思う。

ギラティナ いじっぱり@弱点保険 HP:226 AT:167 DF:140 SA:* SD:140 Sp:142

シャドーダイブ ドラゴンクロー おいかぜ まもる

今回の主役。特性は相手の素早さを判定できるプレッシャー。火力も素早さも大切なので極振り。

2段階上昇シャドーダイブは流石の威力でクレセリアを含めほとんどのポケモンを一撃で倒せる(ゲンシグラードンは無理)。ゴーストの一貫性もあって確実に大きなダメージを与えてくれた。ただしわかりやすい方向に飛ばすとゴースト無効のガルーラに入れ替えられることがある。

無振りでもメガボーマンダの流星群を耐える流石の耐久力のおかげで弱点保険の発動率も高め。しかしメガレックウザの球流星群は流石に無理だった。威嚇が辛かったのと弱点保険無しでの火力が低かったのは難点だけれどもこれは仕方ないか。コンボの発動が難しい場合はゲンシグラードンへの追い風要員としても活躍。

ドラゴンクローの威力を上げてください。

ゲンシグラードン(NN:アポロヌス) ひかえめ HP:176 AT:182 DF:180 SA:222 SD:110 Sp:142

ふんか だいちのちから りゅうのはどう まもる

ギラティナが苦手な相手に強めということで採用。完全特殊型。火力も素早さも大切なので両方に特化。行動準把握、特にシャドーダイブワイドガード破壊→噴火の流れができるようにギラティナより素早さを落とすことも考えたものの、ゲンシグラードンミラーを意識すると落とすリスクが高いように思えたのでやはり準速。シャドーダイブの前でワイドガードするヤンキーはいなかったのでよかった。

所持技の命中率100%なのが精神衛生上とてもよかった。カイオーガの潮吹きと同等の威力の噴火はとても強力で、相手のゲンシグラードンをほぼ一撃で倒せる大地の力も強かった。弱点はゲンシカイオーガへの打点がないところだけどこればっかりは仕方がない。

今回は準備が間に合わなかったものの、イカサマや威張るが飛んでくることがあったので攻撃は低いほうがいい。

トゲキッス おだやか@オボン HP:191 AT:* DF:128 SA:146 SD:165 Sp:101

マジカルシャイン アンコール でんじは このゆびとまれ

耐久振りがほとんどいないこのパーティの防御の要でゲンシグラードンや強化後のギラティナの保護に活躍。ジオコンムーンフォースや球ガリョウテンセイにも耐える。攻撃技は迷ったもののマジカルシャインで正解で、ぎりぎりの場面でメガレックウザを削り倒したりできた。素早さ操作技は追い風とどちらにするか迷ったものの、ジオコンゼルネアス意識ででんじはに。

特性はこの大会では天の恵みにしていたものの後から強運でよかったことに気付いた。2匹攻撃のマジカルシャインならどちらかの急所は狙えそうですね。

メガクチート いじっぱり HP:143 AT:150 DF:146 SA:* SD:116 Sp:84

じゃれつく ふいうち つるぎのまい まもる

ゼルネアスを意識して採用。主役ではないので味方をサポートすべく特性は威嚇。

素早さは追い風時に最速ゼルネアス抜きかつトリル下で最鈍90族を抜ける84。じゃれつくでゼルネアスを倒せる確率を上げるため、そして不意打ちの射程を伸ばすため攻撃に特化し残りをHPに配分。偶然16n-1の143になったもののこのルールではそんなに意味はない。特別目立ったことはないけど7回選出して全部勝ってるので多分仕事はしてくれた。剣の舞は他の技でもよかった気がした。

ゲンシグラードンはきついけれどもそれさえ倒せばまだまだやれる。

メガゲンガー おくびょう HP:136 AT:* DF:100 SA:222 SD:115 Sp:200

シャドーボール ヘドロばくだん ちょうはつ まもる

こちらも対ゼルネアスを意識して採用。

天候戦のこのルールでは入れ替えを防ぐかげふみは刺さるかと思ったものの、実はダブルで使うのが初めてで使い方がよく分からず、選出4回中2回負けとなってしまった。上手に使えば多分そこそこ強いのだけど今の自分にはタスキがお似合いだった。

【まとめ】

なげつけ弱点保険コンボが成功したギラティナはなかなか強力で、自慢の耐久で耐えながら多くの相手を倒してくれた。あとやっぱりゲンシグラードンは強かった。

コンボの成功率はそこそこでかつコンボの成功がしっかり勝利に貢献したのでギミックパーティとしてはまあ悪くないところ。

威嚇に弱いなどの弱点もあるのでそこは今後の課題。一瞬にして反転世界へ消え、相手の守りを打ち破って攻撃するギラティナが最高にカッコよかったです。

ではでは。

プライバシーポリシー