maikeruポケモン総研

maikeruのポケモン研究ブログです。通常ルールの他、伝説ポケモンに関する記事も充実しています。よろしくお願いします!

サイコブレイク!サークルオブレジェンドパーティ

メガミュウツーYを軸とした、サークルオブレジェンド(伝説・幻限定ローテーション)対応パーティ。

かちゅーしゃさん主催のサークルオブレジェンド調整大会で優勝しました。かちゅーしゃさんありがとうございました!

特攻特化メガミュウツーYサイコブレイクで相手を片っ端から倒していきたい!という考えの下にミュウツーの苦手な相手に強いポケモンを集めてパーティを組みました。

【個別解説】

メガミュウツーY(NN:クリアノート) ひかえめ 181-x-111-226-110-182

メガシンカ後                    181-x-91-270-140-192

サイコブレイク れいとうビーム めいそう みがわり

NNは金色のガッシュから。一度使ってみたかった、ひかえめ特攻特化のメガミュウツーY

驚異の特攻からサイコブレイクを繰り出す。めいそう1積みサイコブレイクの威力はアルセウスの剣の舞珠神速をも上回る。

サブウェポンにはイベルタルダークライ・ルギアなどによく通るれいとうビームを選択。安全にめいそうを使うチャンスを伺うべくみがわりも持たせた。

実はおくびょう珠ミュウツーとほぼ同じ火力。ふみんで差別化できているかと思いきや、素早さがダークライより低いために結局ダークライ耐性があるかと言うとトントン。球反動なし、めいそうと併せて特殊にかなり強くなるのが差別点ということで今回は許してください…。

ミュウツーが苦手なのは悪タイプ、エスパータイプ、鋼タイプ、ゲンシグラードン、神速アルセウスあたり。これらのポケモンの対策を意識しつつ他のポケモンを考える。

ダークライ おくびょう@きあいのタスキ 171-x-114-156-100-194 ※厳選妥協個体

ダークホール イカサマ ちょうはつ いばる

禁止伝説の多くに刺さる悪ポケモン

ダークホールで相手を削る他、タスキが残っていれば剣の舞を使用した相手とイカサマで刺し違えることもできる。残りのちょうはつといばるは相手が1匹眠っているときに使うかもしれない。このポケモンで相手のペースを乱し、その隙にミュウツーゼルネアスが積み技を使う。

一度見事相手のメガディアンシーに対面し、ダークホールを跳ね返されてしまった。悪魔ダークライも姫の輝きには敵わず…。

ゼルネアス おくびょう@パワフルハーブ 202-x-114-183-118-166 ※厳選妥協個体

ムーンフォース 10まんボルト ジオコントロール アロマセラピー

ミュウツーが苦手なイベルタルギラティナに強いフェアリータイプとして採用。耐久調整ゼルネアスを使うのもいいかなと思ったものの、準備が間に合わなかったので今回はおくびょうCS型。

10まんボルトは、半減ムーンフォース>10まんボルトなので、実質ホウオウ・ヒードランピンポイント。今回は使わなかった。アロマセラピーは状態異常対策。なんとなく入れてみたがやはり今回は使わなかった。

イベルタルとの同速に負けて叩き落されて無防備の状態でジオコントロールを発動し、悲惨な目に逢ったことがある。

ミュウツーのサポートであればいいくらいに思っていたものの、いざ使ってみると本当に頼りになるエースだった。特に決勝戦では大活躍。

ギラティナ(オリジンフォルム) ずぶとい 257-x-157-147-122-112

りゅうのはどう シャドーボール おにび おいかぜ

多くのタイプの攻撃に耐性を持つ守りの要。耐久はようき珠メガレックウザの竜舞ガリョウテンセイ耐え。ついでにゼルネアスムーンフォースも耐えてくれる。

まず一撃では倒れず非常に頼りになるものの、りゅうのはどうシャドーボールで相手にかける負担が低い低い…。実際にはアルセウスに鬼火を当てるのが主な仕事。

ゲンシグラードンも仕事なので、ゲンシグラードンのHPを半分削る手段を持たせたいところではあるのだが…。

ホウオウ いじっぱり@ラムのみ 207-180-132-x-175-113

せいなるほのお ブレイブバード でんじは はねやすめ

ゼルネアスや鋼タイプを意識して採用。耐久はレベル100でようきハチマキメガレックウザガリョウテンセイ耐え。少しでもダークライに耐性を付けるため、持ち物はラムのみに。やや辛いのだが飛行タイプゆえゲンシグラードンの相手をしなければならない場面が度々あった。一応ブレイブバード3発で倒せる。

素早さ操作は悩んだものの今回はゼルネアスにより効くでんじはを選択。ただし身代わりには注意。

ホウオウと言えば素早さを大きく伸ばすことが多いが、今回は耐久力寄りにしてみた。素早さを伸ばすか耐久力を伸ばすか、どちらがよいかは今の段階ではまだ何とも言えないところ。

グラードン いじっぱり@オボンのみ 200-193-161-x-110-142

だんがいのつるぎ いわなだれ ビルドアップ ロックカット

地面弱点が気になったため、あえての通常グラードン

ローテーションバトルでは先頭に出さないとゲンシカイキしないため、通常グラードンを使いたいだけならべにいろの珠を持たせてゲンシと通常を使い分けてもよかったのかもしれない。

努力値は優柔不断な準速HP、攻撃ちょっと。

よく考えずとりあえずの採用だったためか残念ながら今回は目立った活躍はなし。すまない…。

苦手なカイオーガゼルネアスがあまり選出されなかったところを見ると見せポケとして頑張ってくれていたのかもしれない。

【雑感まとめ】

どのポケモンにも挑発が刺さるため、挑発ミュウツーは特に辛かった相手。挑発にリスクを負わせるような、積み技無しでいきなり高火力を叩き出せるポケモンが欲しいところ。

スカーフカイオーガダークライあたりもかなり苦手な相手。今回は運が良かったものの、まだまだ弱点があるので本番までには改善したい。

耐性の少なさゆえ扱いこそ難しいものの、必殺のサイコブレイクで相手を次から次へと倒していくのはミュウツー使いとして爽快の極みでした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

プライバシーポリシー