maikeruポケモン総研

maikeruのポケモン研究ブログです。通常ルールの他、伝説ポケモンに関する記事も充実しています。maikeru's Pokemon Blog

マーシャドー厳選&育成考察

f:id:maikeruexe:20170714224753g:plain

マーシャドー

かげすみポケモン

ゴースト・ かくとう

種族値:90-125-80-90-90-125

特性:テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)

専用技:シャドースチール(威力:90 命中:100 タイプ:ゴースト 直接攻撃 みがわりを無視して攻撃する 相手の能力が上昇している場合、その分だけ自分の能力も上昇させてから攻撃する)

専用Z技:七星奪魂腿(しちせいだっこんたい) 威力:195 タイプ:ゴースト

 

2017年のポケモン映画の劇場で配信される幻のポケモン。初のゴースト・かくとうタイプです。ゴースト・かくとうというタイプの強みは、まず攻撃面においてタイプ一致技だけで全てのポケモンに等倍以上のダメージを通すことができる攻撃範囲の隙の無さにあります。本来苦手であるはずの悪タイプ・ノーマルタイプに強いゴーストタイプ、エスパータイプやゴーストタイプに強い格闘タイプとして見ることができます。

特にノーマルアルセウスの神速を無効にしながら格闘技で大ダメージを与えることができるのはこのポケモンならではの強みです。

 

種族値も高水準かつバランスが良いですね。専用技も今までにないユニークな効果を持っています。

専用Z技の七星奪魂腿(しちせいだっこんたい)はノーマルタイプ、悪タイプ以外にはダメージを軽減されないゴーストタイプでありながら195の威力を誇るZ技で、非常に受けにくい技となっています。

 

このような特徴から基本的には高い素早さと攻撃力、広い攻撃範囲を活かしたアタッカーとして運用されることになりそうです。

 

性格考察

ようき

基本的にはこちら。アルセウスやメガレックウザ、メガディアンシーの素早さを上回ることができ、ダークライと同速になります。

 

いじっぱり

火力を求めるのであれば。素早さ種族値109以上の相手に先手を取られる可能性が出てきますが、七星奪魂腿で禁止伝説級をも一撃で倒せる場合が出てきます。

 

持ち物考察

マーシャドーZ

メガレックウザを一撃で倒しうる威力の攻撃を繰り出すことができます。トリックルーム始動役として使われる多くのエスパー・ゴーストタイプを一撃で倒すことができます。

 

きあいのタスキ

タイマン性能が上昇し多くの相手を倒せるようになります。シャドースチールのおかげで相手の積みエースに対するストッパーとしても〇

 

こだわりスカーフ

本来不利であるはずのミュウツーに対し奇襲を仕掛けることができるようになる他、りゅうのまいメガレックウザなどの積みエースに対するストッパーとしての役割が期待できます。

 

技考察

シャドースチール(威力:90 命中:100 直接攻撃 みがわりを無視して攻撃する 相手の能力が上昇している場合、その分だけ自分の能力も上昇させてから攻撃する)

専用技。ゴーストタイプの安定した物理攻撃技であり、加えて身代わり貫通効果や相手の能力上昇に合わせて自分の能力も上昇させる効果まである優秀な攻撃技です。

少し間違えやすいのですが相手の能力変化をコピーするのとは違うため、相手の威嚇によって下がった攻撃のリカバリー等に使えない点は注意が必要です。代わりにビルドアップとも問題なく両立することができます。

 

インファイト

強力な格闘タイプのタイプ一致技。

 

かげうち

テクニシャン対応で威力が上昇。素早さ高しといえども、素早さ操作をする相手やマーシャドー以上の素早さを持つミュウツーやデオキシスに効くため持っていて損はない技です。

 

はっけい

テクニシャン対応で威力90に。30%で発動する追加効果のマヒが強力です。

 

がんせきふうじ

テクニシャン対応で威力90に。対ホウオウにはもちろん、相手の素早さ低下が後続へのサポートになることも。

 

ビルドアップ

高い素早さからのビルドアップで耐久と火力を強化。耐久の上昇したマーシャドーを積み技で能力上昇させてから突破しようとする相手にはシャドースチールが刺さります。

 

カウンター

きあいのタスキ+カウンターのコンボを狙います。ゲンシグラードンを返り討ちにできるかも?

 

おにび

ゴーストタイプらしい補助技。味方のサポートに。

 

いばる

相手に威張って上昇した攻撃力はシャドースチールで自分のものに。混乱の自傷率が下がったとはいえ、相手はやられたら嫌なこと間違いなしです。

 

その他覚える技はこちら

yakkun.com

 

努力値調整

攻撃力は以下のようにギリギリかつやられる前にやるタイプなので、基本的には努力値は全て攻撃・素早さに回してしまってよいでしょう。

良い耐久調整が浮かんだら随時追加します。

攻撃力

194七星奪魂腿で201-115ゼルネアスに186~215ダメージ(56%の乱数一発)

177七星奪魂腿で180-120メガレックウザに162~192ダメージ(44%の乱数一発)

177インファイトで195-140アルセウス(ノーマル)に170~204ダメージ(19%の乱数一発)

 

育成例

シングル

タイマン重視型

ようき@きあいのタスキ 166-177-100-x-110-194

シャドースチール インファイト カウンター かげうち

 

高い素早さと攻撃・攻撃範囲を活かし、より多くの相手とのタイマンに勝てるようにした型。先発としてはもちろん、エースストッパーとしての運用も考えられるポケモンです。

 

ビルドアップ型

ようき@マーシャドーZ 166-177-100-x-110-194

シャドースチール ドレインパンチ ビルドアップ かげうち

 

ビルドアップからの七星奪魂腿は非常に強力。格闘タイプを弱点とする相手からはドレインパンチで一気に体力を奪うことができます。

 

ダブル

基本型

ようき@マーシャドーZ 166-177-100-x-110-194

シャドースチール インファイト がんせきふうじ まもる

 

高い素早さからの範囲の広い高威力の技で相手に圧力をかけていく型。ゴーストタイプのおかげでねこだましを受け付けずに相手のトリックルーム要員に大ダメージを与えることができます。

がんせきふうじは味方の素早さサポートができる技としての採用ですが、他の技でもいいかもしれません。

いばる持ちのポケモンと組ませても楽しいことになるかもしれません。

 

以上、マーシャドーの考察になります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

プライバシーポリシー