maikeruポケモン総研

世界大会WCS2015 40位、全国大会PJCS2018ベスト16他、ポケモントレーナーmaikeruのポケモン研究ブログです。maikeru's Pokemon Blog

【全国大会PJCS2019使用パーティ】さいはいドーブルグラードン

f:id:maikeruexe:20190610010007p:plain

 

f:id:maikeruexe:20190610005821p:plain

PJCS2019で使用したパーティになります。

戦績は3勝4敗であり、世界大会出場権獲得には至りませんでした。パーティもプレイングも色々と研究が甘かったなあと痛感させられましたが、これを糧として次に繋げられるよう、一つの記録として残しておきます。

 

 

【配信】

第3回戦にてカ・エールさんとのバトルが配信されていました。 


【公式】「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2019」 ゲーム部門(1日目)

 

【コンセプト、構築経緯】

「伝説ポケモンの強力な全体攻撃をさいはいして敵を一掃しよう!」

というのが始まり。実はさいはいドーブルは去年の全国大会・世界大会でも使っていたのですが、メガシンカポケモンやシンプルナインエボルイーブイの攻撃の連打は本当に強力でした。さいはい使いは他にはヤレユータンがいますが、ドーブルはねこだましやキノコのほうしで自らもさほど横のポケモンを選ばずに活躍できる点が優秀だと考えました。

 

強力な範囲攻撃を使う伝説のポケモンといえば、グラードン・カイオーガ・ゼルネアスの3匹かと思います。

全体技のさいはいなら、2種も強力な全体技を持っているゲンシグラードンでしょう!という直感からグラードンを使ってみることに。

本当はカイオーガ版も試したかったのですがそちらは試しきれませんでした…()まあドーブルがきのこのほうしが効かない関係で草タイプと相性悪いことを考えるとグラードンのほうが適任なのかなあとかは思っていました。

ゼルネアスもグラードンと両採用で試してみたもののそうすると相手のゲンシグラードンが辛く、まずは欲張らずグラードンを軸に添える形にすることにしました。

 

さて6匹の選定。まずコンセプトからグラードンとドーブルが確定。ドーブルを使うならパーティに入れておきたいカプ・テテフも、グラードンが苦手なドラゴンキラーの役割を持たせながら採用します。ここまではほぼ確定で、残りが悩ましい。

まず素早さ有利の取り合いに有利になるべく、クロバットから先手を取れるポケモンをパーティに2匹用意しておきたいと考えました。そこで素早さ操作も兼ねられるメガプテラを採用。耐性や攻撃範囲も良いなと感じました。

そろそろ伝説枠の検討です。ひとまずゼルネアスとネクロズマが有力候補になりましたが、ここまで相手のゲンシグラードンが厳しく打点のあるポケモンのほうが良いと考え、トリル偽装とかテテフネクロ速攻とか諸々期待してネクロズマにしてみました。ジオコントロールを許すと厳しいゼルネアスの攻撃にも耐性を持っています。

最後はトリックルーム対策。トリル対策にこの1匹!と言わんばかりにモロバレルを採用しました。

 

【個別解説】

f:id:maikeruexe:20181122000808g:plain

ドーブル

ようき@きあいのタスキ テクニシャン 131-40-55-x-97-139 (4-0-0-x-252-252)

ねこだまし さいはい キノコのほうし おいかぜ

 

いつの間にやら自分の頼れる相棒となっていたポケモン。今回もよろしく頼むぞ!

ねこだましでサポートした後、またキノコのほうしをばらまいた後などに手持ち無沙汰になることがあるので、自身でも素早さ操作ができるようおいかぜを覚えさせました。上手いタイミングでグラードンと並べ、上からの全体技連打で制圧したいところ。

特性はムラッケではなくテクニシャン。これは命中率や素早さのダウンが嫌ということと、あとはさいはいを使用する上で味方との行動順が狂うと困る場面があるためです。滅多にない混乱対策のマイペースよりは、よく使うねこだましの威力を少しでも上げたほうがいいのかなと考えました。本当に微々たる差ですが…。

耐久面の努力値はあまり深いことは考えてませんが、バークアウト・マジカルシャイン・こごえるかぜ等の範囲特殊技に巻き込まれる機会があるのかなと考え、そのダメージを抑えるために特殊耐久を伸ばしました。まもる系所持率の低さからとんぼがえりの的になることもよくあるので物理耐久を伸ばす手もあるかもしれません。

 

f:id:maikeruexe:20190504233055g:plain

ゲンシグラードン

せっかち 175-232-162-171-110-156 (0-252-0-4-0-252)

だんがいのつるぎ ふんか ほのおのパンチ まもる

 

このパーティのエース。2つの強力な全体技を使い分け相手を制圧します。

環境的に噴火の通りがあまり良くなく断崖の剣のほうが使うと考えたため、努力値は攻撃に振り切りました。これでHP振りだけのカプ・レヒレなら断崖の剣2発で倒せるのですが、世のカプ・レヒレはけっこう硬いので怪しいところ。さみしがりにしようかとも悩んでいたのですがこのパーティは相手のグラードンがきつくこちらのグラードンで倒さねばならない場面もあるため、ミラーで積極的に攻撃できるよう最速としました。

3つ目の攻撃技には対イベルタルやワイドガード意識の高威力単体攻撃として炎のパンチを採用したのですが、レックウザに手も足も出ないのが辛くドラゴンクローが欲しかった場面が多々ありました。

 

f:id:maikeruexe:20170701143514g:plain

カプ・テテフ

ひかえめ@こだわりスカーフ 146-x-95-200-135-147 (4-x-0-252-0-252)

ムーンフォース サイコショック マジカルシャイン マジックルーム

 

普通のスカーフテテフ。グラードンに圧力をかけてくる高速ドラゴンやイベルタルを狙い撃つムーンフォース、範囲攻撃技として雑な削りを入れるマジカルシャイン、とつげきチョッキやジオコントロールの影響を受けず狙い通りのダメージを出しやすいサイコショックを攻撃技に採用し、対ゼルネアス意識でマジックルームも入れておきました。テテフ・プテラ・グラードン・ネクロズマ選出の場合は自チームへのマジックルームの影響を最小限に抑えることができます。

性格は火力重視のひかえめ。ひかえめにすることでムーンフォースで無振りメガレックウザまでは確定で倒すことでできます。サイコフィールド下であればさいはいを使ったサイコショック連打も強力です。

せっかく火力を伸ばしたので今回はしぜんのいかりではなく普通の攻撃技を採用したのですが、カプ・レヒレに後出しした際にひかりのかべを張られてしまうことがよくあるので、もしかしたらマジカルシャインをしぜんのいかりにしてもよかったかもしれません。でもマジカルシャイン、なんだかんだけっこう便利なんだよなあ…。

 

f:id:maikeruexe:20180715180421g:plain
メガプテラ

ようき プレッシャー→かたいつめ 156-187-105-x-115-222 (4-252-0-x-0-252)

いわなだれ アイアンヘッド ワイドガード おいかぜ

 

グラードンやレックウザの攻撃の多くを半減で受け止めながらいわなだれやワイドガード・おいかぜでサポートできるなど、実はなかなかいけるのではないかと考え採用したポケモン。この枠は元々メガボーマンダだったのですが、相手のメガゲンガーやひかえめスカーフカプ・テテフ、クロバットなどを抜ける点からこちらのほうが良いと思い採用しました。グラードンの断崖の剣が効かない飛行ポケモンの弱点を突けたり、こちらのスカーフテテフと並べれば相手のタスキクロバットが追い風をする前に倒すこともできます。

技はメインウェポンのいわなだれと、こちらの伝説2匹に上から圧力をかけてくるひかえめスカーフテテフを更に上から沈めたりゼルネアスへの打点となるアイアンヘッド、そして相手のグラードン・カイオーガの攻撃やバークアウト・こごえるかぜから自身味方を守るワイドガード、素早さ操作のおいかぜを採用。

ゲンガーやルナアーラ、ネクロズマ、ドータクンに効くかみくだくも採用したかったのですが、全体的に脆いこのパーティの防御力を支えるためにもワイドガードを優先しました。

攻撃技どちらにも30%の怯み効果がついており、さいはいとの相性も良好です。

 

f:id:maikeruexe:20171218184129g:plain

日蝕ネクロズマ

むじゃき@ウルトラネクロZ 172-197-147-146-114-141 (0-156-0-100-0-252)

             →172-207-106-200-105-199

フォトンゲイザー だいちのちから あくのはどう まもる

 

グラードンに上から圧力をかけてくるメガレックウザに対し更に上から圧力をかけれるポケモンとしての採用。一応トリルグラードンパーティに偽装できたりもするのですが、その相手目線のミスリードを活かした明確な戦い方などは特に意識が届くに至りませんでした。この枠はゼルネアスも候補だったのですが、相手のゲンシグラードンへの打点が乏しくなってしまうこと、トリルに弱いことがバレバレになってしまうことなどからネクロズマを採用することとしました。

対ドラゴンの役割を担うことから元々はりゅうのはどうを持たせていたのですが、意外とあまり出番がなく、それより相手のルナアーラやドータクンが厳しかったのであくのはどうを採用し、対ドラゴンはカプ・テテフに任せてネクロズマがドラゴンの相手をするときはZ技で代用するようにしました。

サブウェポンは特殊技ながら、対カイオーガやチョッキレックウザ等を考えるとフォトンゲイザーは物理のほうが良いだろうと考え、性格は両刀型に。どちらの耐久を下げるか悩んだものの、このパーティは度々グラードンの断崖の剣を被弾する場合があること、そして対メガレックウザを担当しているのにしんそくで倒されては情けないということで、物理耐久を重視し特殊耐久が下がるむじゃきを選択しました。

あくのはどうを持っているためミラーにもまあまあ強く、強気に先手で動けるように最速にしています。こうすると日蝕ネクロズマ時にもドーブルの素早さを超えているのでさいはいを使った日蝕フォトンゲイザー連打もOKです。

 

f:id:maikeruexe:20180825183721g:plain

モロバレル

なまいき@オッカのみ ほうし 221-x-97-105-138-31 (252-x-52-0-204)

キノコのほうし いかりのこな クリアスモッグ おさきにどうぞ

 

他の5匹がいずれも素早さに努力値を全振りした前のめりなポケモン達であるため、対トリックルーム役としての採用。特に対モロバレルを意識して採用したポケモンで、対ゼルネアス枠でもあります。

しんぴのまもりを使うトリックルーマーに対しても仕事を失わないよう、おさきにどうぞを覚えさせています。特性は、このパーティはそれほどサイクルを回せるパーティでないため再生力が活きにくく、ならばとワンチャンス作れるほうしにしてみました。

持ち物は正直何が良いかわからなかったです。対ガオガエンやグラードンで活きるかなあとオッカのみを持たせました。

わりと雑に採用してしまったトリル対策要員で、モロバレルはトリル「対策」っぽいのでせっかくのトリパ偽装もモロバレてしまうのかな、とかも後々思いました() 何か他にもっと良いポケモンがいるような気もします。しんぴのまもりを持ったツンデツンデとか…?

 

【雑感まとめ】

2015で使用したジオコンドーブルや2018で使用したシンプルナインエボルイーブイと比べるとだいぶ地味なパーティとなってしまいました。もうちょっと凝ったものを用意してくるべきだったのかもしれません…。

(シンプルゼルネアスとかも考えたのですが、フェアリーオーラが消えちゃったりバークアウトやこごえるかぜの効果を2倍受けてしまったりいまいちそうだったんですよね…)

 

パーティは全体的に耐久力が低めであるため、少々シビアな読みが要求される感じがしました。コンセプトであるグラードンによる全体技連打も、相手ポケモンがしっかりグラードンの攻撃に耐性を持っていることが多くなかなか有効打になりにくい面もありました。ん~どうすればよかったんだろうなあ。

 

思えば今年は誰ともフレ戦をしておらず、 孤独にポケモンをやっていました(一応ポケモン仲間はいて、きちんと準備して自分で納得のいくパーティができたら対戦しよう!と思ってたらいつまで経っても納得のいくパーティができず気付いたらこうなってました())。今まではわりと閉じこもりがちでしたが、今後はもう少しオープンに活動していけたらなと思います。オフとかにも出てプレッシャー耐性付けないとな…!

youtube放送も今後やっていこうかな~とか考えてます。

 

今年の反省を活かし、来年もまた全国の舞台に立ち、その時こそ世界大会出場権を獲得できるよう頑張りたいと思います!

 

【QRレンタルチーム】

QRレンタルチームも公開したのでもしよかったら使ってみてください。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-461E-885D

 

プライバシーポリシー