maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

【トリックリリック】カラマネロ軸試作パーティ

f:id:maikeruexe:20211011234802p:plain

トリックリリック、高火力なフェアリーポケモンが少ないからカラマネロ活躍できるのでは!?ということで作ってみたパーティ。
勝率は五分五分程度。色々気になった点も見つかったのでメモを残しておく。

 

 

【個別解説】

カラマネロ

いじっぱり@とつげきチョッキ 191-158-110-*-96-94 (236-252-12-*-4-4)
じごくづき、ばかぢから、サイコカッター、アクアブレイク

このパーティの主役。

サイコカッターはアーゴヨンやウツロイドやドクロッグに、アクアブレイクはセキタンザンやギガイアス、ウルガモスなどに撃てる技。ダイナックルを撃つと攻撃が下がってしまうのが悲しいところ。

持ち物は今回わざをフルに使うためとつげきチョッキを持たせてみたものの、まもるを持たせてオボンのみや1/3回復きのみ、たべのこしなどもありかもしれない。

 

ニャオニクス

おだやか@カシブのみ 181-*-110-103-132-124 (252-*-108-0-148-0)
10まんボルト、くすぐる、うそなき、トリックルーム

カラマネロのあまのじゃくを利用して能力強化する役。他のいたずらごころ勢と比較するとニャオニクスはくすぐるを使えるのが強み(他はこのルールでは使えないエルフーン)。特殊耐久の強化にも使えるうそなきも採用。

努力値は206球ブリムオンの130キョダイテンバツ確定耐えまで特殊耐久を伸ばし、残りを物理耐久に。
持ち物はこれといった理由なくなんとなくカシブのみを持たせた。もっといい持ち物もあるかもしれない。

攻撃技はミミッキュのばけのかわを剥がしたり相手のきあいのタスキを削ったりと、何かしら欲しいところ。候補になったのは10まんボルト、エナジーボール、シャドーボール、あくのはどう、チャームボイス(マジカルシャイン覚えてくれ...)。重めのアーマーガアを少しでも削れることとこちらのアーマーガアの弱点保険を能動的に起動できることから10まんボルトを選択。しかしワルビアルに無効化され悲しく敗北したことがあったので、やはり相手に無効化されない技が良さそう。シャドーボールはキリキザンに撃った時にまけんきが発動すると怖かったりする。選ぶならチャームボイスかあくのはどうかな。

最後に、対ブリムオンを意識してトリル返しができるようにトリックルームを採用。しかしトリックルームはこのパーティだととても使いにくかったので、素早さ操作にはでんじはのほうがよさそう。パーティに素早さの低いポケモンがいれば味方にでんじはを撃ってトリックルーム下で相手のブリムオンに先制するような動きも可能かもしれない。

 

ウツロイド

おくびょう@パワフルハーブ 185-*-78-169-151-170 (0-*-84-172-0-252)
ヘドロばくだん、メテオビーム、マジカルシャイン、まもる

カラマネロ&ニャオニクスが苦手なモジャンボやウルガモスに強く、フェアリータイプにも大きなダメージを与えられるポケモン。
技はメイン2つに加え、範囲攻撃になり、かつドラパルトやキリキザン、ワルビアルなどにもよく効くマジカルシャインを採用。
努力値は最速にしつつ、特攻はビーストブーストで素早さが上がるところまでで抑え、残りは物理耐久に。パーティの素早さ操作手段が増えればビーストブーストで特攻が上がるようにして良さそう。

カラマネロ&ニャオニクスの相性補完としてなかなか心強いポケモンだったと思う。

 

レイスポス

おくびょう@きあいのタスキ 175-*-81-197-100-200 (0-*-4-252-4-252)
シャドーボール、バークアウト、じならし、おにび

じならしで相手の素早さを落としつつカラマネロの素早さを上げてみたかった。
ドラパルトと異なり、ダイマックスせずともシャドーボールでそれなりの火力で攻撃できるのも利点。
バークアウトやおにびでアーマーガアをサポートする場面も。

悪くはなかったものの、もう一歩いいポケモンがいたような気もしないでもない。ダイマックスさせてもいいかと思っていたものの、あくタイプが多いこともあってダイマックスさせることはなかった。
もしかするとこのポケモンがいるせいで相手の悪タイプを呼んでニャオニクスが置物になりやすかったということもあるのかもしれない?

 

アーマーガア

いじっぱり@弱点保険 205-152-125-*-106-87 (252-252-0-*-4-0)
ブレイブバード、アイアンヘッド、ボディプレス、まもる

ブリムオンに強い鋼タイプとして、かつモジャンボやウルガモスに強い飛行タイプとしての相性補完としての採用。
ダイジェットエースとして使うつもりはあまりなかったため素早さは伸ばさずHPと攻撃に振り切り。ダイジェットに頼らないためキョダイマックスにすることも考えたものの、一応すばやさアップ手段があるに越したことはないということでダイジェット個体。

しかしほぼダイマックス前提というところがなかなか使いにくく、しかもダイマックスわざがいずれもカラマネロと相性が悪いのが難点。ブリムオン対策になっているかどうかも苦しく、またウルガモスも呼んでしまう。
このポケモンが適任なのかはわからないものの、続投するとしたら素早さ操作になるおいかぜを採用したりダイワームで相手のロトムにある程度抵抗できるようになるとんぼがえりを持たせてもいいのかもしれない。

 

ラフレシア

おくびょう@せんせいのつめ 150-*-105-162-121-112 (0-*-0-252-4-252)
エナジーボール、ヘドロばくだん、かふんだんご、ねむりごな

耐久の上がったカラマネロの体力を回復させる回復役としての採用。

このルールで味方の体力を回復させる技を覚えるのはラフレシア、マシェード、ブリムオン、ゴチルゼルのみ。その中では素早さが高めで眠り技も覚え、かつ攻撃力もそれなりにあるラフレシアを採用。かふんだんごでミラーもしっかり対策。

きあいのタスキをレイスポスに譲った結果先制の爪を持たせてしまったせいで選出しにくかったものの、選出した際にはこれでもかと先制の爪を発動させ頑張ってくれた可愛いヤツ。

とはいえ、回復役を任せるには素早さが足りない感。キュワワーがいてくれれば...

 

【雑感】

パーティがややアーマーガア重め
思っていた以上にウルガモスが多い
ブリムオンはだいぶ減った
ウオノラゴンの火力が高く、カラマネロがダイマックスしないと苦しい。
苦手な相手もいくらかいるものの、比較的カラマネロが活躍しやすい環境であることは間違いなさそう。

 

【配信アーカイブ】


www.youtube.com

プライバシーポリシー