maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンをはじめとしたゲームの考察や感想、その他色んなことを書いていきます。

ファイアーエムブレム覚醒クリア!簡単に感想

ファイアーエムブレム覚醒をクリアしました!
FE本編は風花雪月からの2作目。幻影異聞録♯FEに出演してるキャラが多かったり、ルキナやクロムなどよく知っておきたいキャラが出ているといった理由から覚醒をやることにしました。

ネタバレありで感想や思い出を書いておこうと思います。Switchに慣れているとスクショが無いのが辛い。
難易度はノーマル・カジュアル。

 

 

プレイ時間

ちょうど1週間で終わりました。クリア時間はちょうど20時間くらい。フリーバトルなどは一切やらずストーリーだけ進めたので少し駆け足のプレイだったかな?

序盤はサクサク進むものの、後半になって敵が手強くなってくると段々1戦に時間がかかるようになってきました。

 

共に戦ったユニット達と関連の思い出

クロム

最強。単身突撃して近付いた相手をそのまま反撃で返り討ちにする無双戦法してました。
クラスはマスターロード。

主人公(♂)

名はマイケル。耐久が低く使いにくいなと思ったので、能力アップ系アイテムのうち耐久アップ系は全て主人公に注ぎ込みました。クラスは神軍師。
バジーリオが生還し、物語が一番盛り上がって負けるはずがない流れのところで、突然変なクリティカルを貰って死んだ悲報主人公。

リズ

置いてけぼりは可哀想かなと思いスタメンに。回復役を任せたり、突撃し過ぎた味方をレスキューで引き寄せたりしてました。しかしうっかり敵に接近されやられてしまったことも数知れず。
クラスは斧を振るより魔法に特化するイメージが合ったため「賢者」にしたものの、クリア後に色々見てみるとバトルシスターが公式見解っぽい?

フレデリク

なんだか1人だけやけに強いなと思ったら、最初から上級職のグレートナイトだった。序盤めちゃくちゃ頼りになったのだけど、他の仲間もクラスチェンジしてきた頃から段々とインフレに置いていかれつつあったのが悲しかった。バジーリオやフラヴィアが加入したところで引退。

ヴィオール

幻影異聞録♯FE繋がりの情けでスタメンにするつもりが、パーティに弓枠が他にいないため弓要員として重宝。特に飛行の敵が大量に飛んでくるステージでは活躍してくれました。
クラスはボウナイトにしたものの、一人で突撃してもすぐやられてしまうので、火力のありそうな(?)スナイパーにしてもよかったのかも。

スミア

最初の飛行要員として活躍。ややパワーが足りなかったものの、ビーストキラーを持って2回攻撃で騎馬の敵を倒したりしてました。
最終決戦ではクロムとのダブルを組み、スミアがギムレーの懐まで接近し、クロムがギムレーを倒すという夫婦プレーで世界を救いました。
クラスはファルコンナイトに。

アンナ

外伝にて、ピンチなので助けに行こうと思ったらヒョイヒョイ攻撃をかわして無双しているアンナさんを見た。風花雪月の時は「この人戦う人なの...?」と思っていたけど、とんでもない強キャラだった。
仲間になってからも高い回避力を盾に前線で敵を引き寄せては返り討ちにする大活躍。サンダーソードが切り札。終盤は少しパワー不足になってしまったものの、心強い味方でした。

ロンクー

最強。攻撃すれば相手は死ぬと言わんばかりの攻撃力・速さ、必殺技やクリティカルの出やすい技、そして回避力。
回避と移動力が下がった代わりに攻撃力の高いアンナさんのような感じで、後半はダブルの前衛としてバリバリ相手を倒していました。必殺技の流星がめちゃくちゃカッコいい。クラスはソードマスター。

サーリャ

この病んでる感じ、ちょっと好き。
クラスはパワー重視でソーサラーにしたものの、期待してたほどのパワーは発揮しなかったり。アーマー系は一撃粉砕してほしかった気持ちはある。クリティカルの高い闇魔法を使えるのに、命中不安であまり使えなかったのが惜しかったかな。
後半はよく主人公とダブルを組み、主人公の魔法を強化していました。

ルキナ

スマブラでよく見る謎の女剣士、というイメージだった彼女のことをようやく知ることができました。
クロムほどではないものの全体的に能力が高く、前線で敵を引き寄せては返り討ちにする無双戦法をすることも。
スミアとの支援会話で服選びのセンスが絶望的に無いことに少し笑ってしまったり。色々大変だったと思うので少しお茶目な面が見れると安心します。

オリヴィエ

踊り要員だったものの、踊る相手がいる場所は戦場の中心であることも多く、敵の接近を防げずしょっちゅう倒されてました。ごめんよ...

シンシア

クロムとシンシアの娘、ルキナの妹。
加入時のステータスが低かったためあまり戦闘に参加できず、後半はスミアにダブルして守ってもらう「お母さんといっしょ」状態になってした...。もっと上手く育成して活躍させてやりたかった。
クラスは、ファルコンナイトは既に母親がなっていたため、個性を出す意味でもダークペガサスに。

チキ

チキの外伝は大変だった。接近してくる相手を倒し切るのが難しいと気付いたところで、陣形を組んで敵がチキに接近できないようにしたことでなんとか勝利できました。
味方になってからは頼もしい頼もしい。ゲームのレベル上限が20だと思ってたので、最初20で加入した時はご褒美お助けキャラかと思いました。
過去作キャラの成長した姿って何だか良いですよね。

バジーリオ

彼の生存はこのゲームを遊んでいた中で一番の衝撃だった。思わず「バジーリオー!!」と叫びたくなったくらいに。
フラヴィアと一緒にダブルを組み終盤戦を戦ってくれました。

 

バトル

多分ファイアーエムブレム共通なのだけど、他のシミュレーションRPGと比べて相手の移動力が高かったり接近を止めるのが難しく、味方ユニットを守るのが大変なイメージ。これカジュアルだから気楽に遊べたけどクラシックは大変だろうなあ...。

段々とバトルに苦戦する中、ヴァルハルト戦あたりから「ダブル」を使うようにしてみたら、これが強い強い。能力強化することで前衛が安心して前線に立ち無双戦法の安定性が上がったり、あとは打たれ弱い味方がダブルで身を守るという使い方が役立ちました。

 

結婚

クロムが結婚したのはルキナの関係上ストーリーの都合かと思ったのですが、まさか結婚相手を選べたり、主人公自身も結婚ができるとは思わなかった。

ちなみに主人公はクリアまで誰も支援Sまで上がらず、つまり誰とも結婚しないままエンディングになってしまいました。ちょっと寂しい...。
ちなみに一番支援値が高くなったのはサーリャのAでした。

クロムと結婚したのはスミア。やや突然だけど軍のメンバーの中では自然なのでそういうストーリーかと違和感がありませんでした。
ルキナが正体を明かした時花占いをしているスミアとかとても似合っていた(?)のだけど、他のキャラだとどうなるのか気になります。

 

エンディング

最終決戦ではクロムがタイマン(正確には妻スミアとのダブル)でギムレーを倒してしまったので(なんと2~3ターンでのクリア)、それに沿うような形でクロムが止めを刺すEDにしました。バッドエンドだったらどうしようと思ったけどそういうものでもなかった。
正直なところストーリー中盤で主人公が敵側に寝返り、クロムが戦死して以降ルキナを主人公に進めるようなゲームかと思ってたので、そこまで悲惨な展開にならなくてよかった(いや、未来世界の展開がまさにそういうことか?)

 

おわりに

アルセウス発売1週間前だというのにどうしてもやりたくなってしまい遊び始めた覚醒、無事終わることができました。クロムやルキナ、ルフレといった主要キャラクターのことをよく知れたのも大きかったし、バトル自体も楽しめました。

クリア後にダウンロードコンテンツもいくつか買いました。キャラ同士のかけあいを楽しめる系と、もう1つのストーリーっぽさそうな「絶望の未来」を。頃合いを見てやりたいところ。

現時点で蒼炎の軌跡と暁の女神を注文済み。しかしなんとなく次にやりたいのはif。ifが終わったらファイアーエムブレム無双もやってみたいな。
と、すごい勢いでファイアーエムブレムに取り込まれています。他のゲームと合わせつつ今後も楽しんでいきたいと思います。

プライバシーポリシー