maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

【剣盾GS】メガネミュウツー軸

ミュウツー軸研究の続き。前回はコジョンドと組ませてダイマックスミュウツーを使いましたが、今回はメガネを持たせてあまりダイマックスしないミュウツーにしてみました。
イエッサンと組むことでサイコブレイクの威力を引き出しています。

 

 

【個別解説】

ミュウツー

ひかえめ@こだわりメガネ 183-*-111-226-111-180 (2-*-4-252-4-236)
サイコブレイク、かえんほうしゃ、れいとうビーム、きあいだま

今回はメガネ型。黒バドレックスにない利点はサイコブレイクによるサイコショックより一回り強力な物理打点と、広い攻撃範囲。

素早さは最速ボルトロス抜き。倒しにくいボルトロスを先手で強打できるのはミュウツーの1つの強みと思われるので、それを活かすための調整。

かえんほうしゃは対ザシアン意識。とはいえ耐久に振ったザシアンは倒しきれないことも多いので、命中不安を承知の上でだいもんじにしてもいいかもしれません。

またガオガエンを一撃で倒せるのは黒バドレックスにはない強みであるため、それを活かすために格闘技を採用。はどうだんときあいだまの選択ですが、今回はてだすけ持ちが横にいない場合でも高い威力で強打できるきあいだまにしました。ディアルガやガオガエンを一撃で倒すことができます。とはいえやはり命中率が不安なので、はどうだんにしてイエッサンのてだすけと合わせるようにしてもいいのかもしれません。

れいとうビームはイベルタルや霊獣ランドロスを攻撃するために使います。

ドラパルト

ようき@こだわりスカーフ 166-172-96-*-97-209 (20-252-4-*-12-220)
ワイドブレイカー、ゴーストダイブ、ふくろだたき、でんじは

スカーフふくろだたきポケモン。タスキ黒バドレックスを上から倒すことができ、かつ威嚇もねこだましも受けず最速レジエレキを抜くことができるのはこのポケモンくらい。ミュウツーと並べると、このゆびやおいかぜとの組み合わせ以外の黒バドレックスからミュウツーを守ることができます(まあ大抵はおいかぜやこのゆびが入っているのですが...)

ダイマックスする機会がそれなりにあると考え、ダイホロウ用途のゴーストダイブも採用。またそのまま使ったりダイドラグーンにもなるワイドブレイカーも採用。すいすいキングドラを止めるためにでんじはも採用。

禁止伝説のミュウツー・ザシアンどちらもダイホロウの防御ダウンを活かせるので、上手く制圧できる形になれば非常に強力です。実際には相手にザシアンや黒バドレックスがいたりでそう上手くはいかないのですが...。

ふくろだたきとシナジーのある正義の心ポケモンと組ませてもよかったのかもしれませんが、ふくろだたきを警戒されたくないので入れませんでした。

ザシアン

いじっぱり@くちたけん 168-244-135-*-135-200 (4-252-0-*-0-252)
きょじゅうざん、インファイト、じゃれつく、まもる

対イベルタルを重く見ての禁止伝説選択。
追い風がないので相手のザシアンとの素早さ勝負になる場面が多いかと考え準速まで引き上げました。ドラパルトのダイホロウの後に各種攻撃技を決めるような流れも想定しています。

耐久が低く、それにより落とした対戦もあったので、もう少し耐久力を伸ばしても良さげです。

イエッサン

ずぶとい@サイコシード 175-*-128-115-128 (236-*-252-0-20-0)
ワイドフォース、てだすけ、このゆびとまれ、まもる

ミュウツーのサポーター。サイコメイカー+てだすけによりサイコブレイクの威力を極限まで引き上げることができ、その威力は並のダイマックスポケモンであれば一撃で倒してしまうほど。
♂イエッサンであればトリックルーム封印という使い方もできるものの、今回は確実なサポートができるこのゆびとまれ持ちの♀に。HPが16n-1になってるのは昔の名残で特に深い意味はありません。

相手の特殊攻撃を多く引き受けるため持ち物はサイコシードに。活きる場面はそれなりにありました。

レジエレキ

ひかえめ@命の珠 155-108-71-167-70-252 (0-0-4-252-0-252)
10まんボルト、エレキネット、とびはねる、まもる

相手の黒バドレックスの上を取りながらタスキ潰しと素早さダウンをかけれたり、球で強烈な一撃を見舞うことができるポケモン。
ダイマックス中にも黒バドレックスにタスキ削り+素早さ操作をするために特殊型ながらとびはねるを持たせています。
相手のレジエレキとミラーになることも度々あったため、ミラーで不利を取らないために最速にしてもよかったのかもしれません。
また、ダイマックスエースの役割を期待してしまいましたが実はタスキが余ってるのでタスキにしてもよかったかもしれません。とはいえ、タスキにすると積極的にダイマックスさせるポケモンが不在に...?

ガオガエン

しんちょう@マゴのみ 201-136-126-*-139-81 (244-4-124-*-132-4)
フレアドライブ、じごくづき、ねこだまし、すてぜりふ

相手のザシアンやグラードンとの戦いに備え威嚇持ち、また黒バドレックスに強いポケモンが欲しいということで採用。
しかしあまり上手く使うことができませんでした...。イエッサンとの相性がいまいちなのが難しいですね。

 

【発見や反省点】

・このゆびとまれを持つイエッサンがいると相手がダイマックスしないことも多く、その隙にメガネミュウツーの強烈な一撃を叩き込むことができた。心理的なシナジーの1つと言えるかもしれない。

・ミュウツーの横に置いて黒バドレックスを対策するには確かにスカーフドラパルトは正解になりうるが、それはそもそも黒バドレックスに対する正しい対処なのかは諸説。スカーフドラパルトは単体で黒バドレックスを見ることができるものの、実際には追い風持ちと組まれていることも多く、その場合はドラパルトもミュウツーも2匹まとめて一方的にやられてしまう。追い風黒バドレックスに対してはミュウツーは出さないくらいの気持ちにしてもいいのかもしれない。

・ダイマックスプランが怪しい。ミュウツー・ザシアン・イエッサンがダイマックスしないとなると、残りのダイマックスはドラパルト、レジエレキ、ガオガエン。誰をダイマックスさせるか窮屈になる場面もありました。もう少し試合の流れをよく考えたいところ。

・今回はスカーフドラパルトなりレジエレキなりでわりと攻撃的に黒バドレックスの対策をしようとしていたが、イベルタルやポリゴン2など、黒バドレックスを見たら安全に交代できるポケモンを用意して入れ替えで対処できるようにしてもよかったのかもしれません。

・こだわりを解除するための入れ替えがしにくい。入れ替え先候補のガオガエンはイエッサンのサイコフィールドがあるとやりにくい

 

【配信アーカイブ】

プライバシーポリシー