maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やPC関連、その他色んなことを書いていきます。

予算10万円以下の良さげな16:10のノートPC調査【2022年5月】

10万というのは予算の大きな分かれ目。今は10万円以下でもしっかり使えるノートPCがけっこうあるので、それについてまとめてみました。
なお、価格は本記事執筆・更新時点で私が目にした価格であり、セール価格などを含みます。

関連記事
予算10~20万円のアスペクト比16:10以上の良さげなノートPC【2022年5月更新】 - maikeruのポケモン育成日記

 

目安スペック

予算10万円だと、求められるスペックはこのあたり

CPU:最新~1世代前までのintel corei5以上またはRyzen5以上
グラボ:無 (あったらいいな)
メモリ:8GB (16GBあったら嬉しいが)
ストレージ:256GB 以上
解像度:1920×1080以上
アスペクト比:できれば16:10

このあたりの基準を満たせば十分かと思います。
また、電源供給が左右のどちら側からできるかも地味なチェックポイント。両側どちらからでも充電できると何かと便利です。片側の場合は机の配置と合うか検討しましょう。

解説

CPU:PCの処理能力を決める基礎。intelは10世代から11世代で性能がだいぶ上がっているため、できれば11世代以降にしたいところ。

グラボ:あれば突然PCゲームをやりたくなった時に遊べたり、GPUが必要な作業が捗るのですが、10万円以下の予算だとグラボを搭載しているPCはほとんどありません...。

メモリ:同時にたくさんのソフトを立ち上げたりネットのタブを開いても大丈夫かどうかを左右します。メインで使うなら16GBは欲しいところですが、あまりPCを使わないなら一応8GBでも。安くても4GBはやめておきましょう。

ストレージ:512GBあると安心ですが256GBも許容範囲内。

解像度:1920×1200(フルHD)が基本ですが、より上位は2560×1600の解像度のものも。解像度が高いほど画面が精細で文字が綺麗に見えます。

アスペクト比:16:9は画面が狭いので個人的にあまりおすすめできません。16:10か3:2がおすすめ

 

良さげな機種

Dell Inspiron 16 (最安クラスの16:10の16インチ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【店内全品P10倍!】Dell公式直販【受注生産】ノートパソコン 新品 Windows11 プレミアム New Inspiron 16(5625)AMD Ryzen 5 5625U(16.0インチFHD+/8GB メモリ/256GB SSD/プラチナシルバー/1年保証)
価格:85890円(税込、送料無料) (2022/5/17時点)

楽天で購入

75514円
ディスプレイ:16インチ、16:10、WUXGA(1,920×1,200)
スペック:Ryzen5 5625U (6コア/12スレッド)、8GBメモリ、256GBストレージ、指紋認証
重さ:1.87kg

DellのInspironシリーズが16:10のディスプレイを採用しました。値段は安いですが普段使いには何ら問題ないであろうスペックを備えています。テンキーがなくシンプルなキーボードも使いやすそうです。
電源供給は左側に偏っています。
14インチのモデルもあります。
【店内全品P10倍!】Dell公式直販【国内在庫】ノートパソコン 新品 Windows11 プレミアム New Inspiron 14(5425)AMD Ryzen 5 5625U(14.0インチFHD+/8GB メモリ/256GB SSD/プラチナシルバー/1年保証)

 

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro (解像度の高いディスプレイが自慢、かつゲーミング構成も)

IdeaPad Slim 560 Pro (16) | 16 型ノートブック | レノボ・ジャパン

81840円
ディスプレイ:16インチ、16:10、WQXGA(2560×1600)
スペック:Ryzen5 5600H (6コア/12スレッド)、8GBメモリ、512GBストレージ
重さ:1.92kg

104216円(ゲーミングモデル)
スペック:Ryzen5 5600H (6コア/12スレッド)、GTX1650、16GBメモリ、512GBストレージ

LenovoのこのPCのすごいところは、十分スペックなのに価格が安いというのもありますが、何よりフルHD(1920×1200)より1段上の2560×1600解像度のディスプレイにあります。この価格帯でこの解像度のPCは珍しいです。
またグラボを搭載したゲーミングモデルもあり、最安クラスのゲーミングPCというポジションにもあります。おそらくApexを60Hzで遊ぶくらいならいけます。
電源供給が左側に偏っている点に注意。

14インチ版もあります(執筆時76450円)。
Lenovo IdeaPad Slim 560i Pro | レノボ・ジャパン

 

Lenovo Yoga 670 (16:10の2 in 1タイプ)

91978円
ディスプレイ:13.3インチ、16:10、1920×1200
スペック:Ryzen5 5500U (6コア/12スレッド)、8GBメモリ、256GBストレージ
重さ:1.39kg

この価格帯では珍しいアスペクト比16:10の2 in 1 PC。10万円以下で2 in 1を試してみたいならこれが良いと思います。
1つ上のモデルにすると10万円は超えてしまうものの、CPU、メモリ、ストレージがコスパよく強化されるのでそちらもおすすめです。

 

HP Pavilion Aero(軽量でバランス良い13インチ)

HP Directplus PayPayモール店 - PayPayモール[ HP Pavilion Aero 13 ]

99000円
ディスプレイ:13.3インチ、16:10、1920×1200

スペック:Ryzen™ 5 5625U、8GBメモリ、256GBストレージ、指紋認証
重さ:957g

軽さが特徴の、全体的に見てもバランスの良いスペックのPC。余裕があればカスタマイズしてメモリを16GBにするとより使い勝手が良くなるかと思います。
電源は左にtype-C、右に電源穴。右もTypeCだと嬉しかったものの一応配置を選ばず使えます。

HP Pavilion Aero 13-beの実機レビュー - the比較

 

他の有名機種について

Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズの良さはデザイン性の高い本体と、3:2というアスペクト比の広い画面を採用しているところにあります。つまり、カッコよく画面が広い!10万円以下の価格帯でもアスペクト比3:2を採用してるのはSurfaceシリーズくらいです。
Surface Laptop Goがいい線行ってるのですが、少し古い第10世代のintel i5というのが惜しいところ。そろそろアップデートが来そうなので期待したいところです。
(Surface GoシリーズはCPUが非力なためメインPCとしてはあまりおすすめできません)

Macbookシリーズ

Macbookシリーズも16:10のディスプレイを採用しており、Retina ディスプレイと名付けられた見やすいディスプレイを採用しています。
Airは値段もいい線行ってるのですが惜しくも10万円を超えてしまいます。ただ割引や還元を上手く使えば実質10万以下にできる場合もあるので、チャンスを狙ってもよいかもしれません。

 

まとめ

10万円以下で買えてしっかり使えるノートPCについて調べまとめてみました。また何か発見があれば更新していきたいと思います。
ノートPC選びの参考になれば幸いです。

プライバシーポリシー