maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やPC関連、その他色んなことを書いていきます。

【剣盾GSダブル】キレイハナ軸

キレイハナ、可愛いよな...ということで使ってみたくなり組んでみました。
レンタルは多分早めに削除するのでレンタルしたい方はお早めに。

 

 

【パーティができるまで】

メモです。

まずはようりょくそポケモンの競合であるフシギバナとモジャンボと比較。攻撃性能はフシギバナが圧倒的であり、サポートに関してもモジャンボはいかりのこなが優秀。素早さもキレイハナとモジャンボは同速。

キレイハナの特徴的な技を見てみると、
ちょうのまい、バトンタッチ、ちからをすいとる
あたり。

ちからをすいとるを使って粘り強く場に残って嫌がらせするというのも考えたものの、今回はバトン型を試してみることに。ねむりごなをばら撒いて隙を見て積む、といった具合。

ようりょくそを活かすためにグラードンは確定。

もう1匹の禁止伝説は、ちょうのまいバトンと相性の良いムゲンダイナに。

ここまで全員氷に弱く、特に氷伝説相手には為す術がないため、その対策を意識。

まずイエッサン+ホワイトキュレム対策にウルガモス。むしのていこうでイエッサンもそれなりに削りながら相手の火力を下げることができる。とつげきチョッキを持つことで特殊相手にはそうそう崩されないポケモンにしてみた。

次に白バドレックスに対抗するため、てっぺき+ボディプレスのポケモンを検討。ドータクン、ヤドランなどが候補だったものの、今回は天候合戦に参加できるコータスを試してみることに。
ところでそもそもてっぺき+ボディプレスがこのパーティでの白バドレックス対策としてベストだったかは少し怪しい(横のポケモンはまるで白バドレックスの攻撃を耐えれないため)。

最後にパーティにやや攻撃力が欠けていると感じ、ニンフィアを採用。初手を受身寄りに出す相手に強く、またウルガモスとセットで出せば特殊軸の相手にはかなり刺さるのではないかと期待。

素早さ操作が乏しいため、いたずらごころのボルトロスなども候補だった。

 

【個別解説】

キレイハナ

おくびょう@きあいのタスキ 182-*-116-110-120-112 (252-*-4-0-0-252)
ギガドレイン、ねむりごな、ちょうのまい、バトンタッチ

今回の主役。ねむりをばら撒きつつ、隙を見てちょうのまいを積み後続に繋ぐ。

攻撃技は、ちょうのまいと相性が良さそうだったり、味方のグラードンの弱点保険を比較的少ないダメージで起動できるギガドレインに。ただパーティ的に相手のグラードンが苦しかったので、大きなダメージを与えることができるソーラービームでもよかったのかもしれません。その場合努力値もHPでなく特攻に振り切ってしまって良さそうです。(リーフストームはバトンと相性が悪い)

思ってたよりだいぶヘイトが高かったのでまもるがあるとよかったのかもしれません。時間を稼いでいる間にグラードンのダイマックス技で耐久をアップさせることも。しかしその場合攻撃技をまもるにすることになる...? いっそちょうのまいをなしにしてグラードンのダイマックスわざによる耐久アップだけを引き継ぐのもありかもしれません。

 

グラードン

いじっぱり@弱点保険 207-222-160-*-111-110 (252-252-0-*-4-0)
だんがいのつるぎ、ヒートスタンプ、アイアンヘッド、まもる

キレイハナを使うなら外すわけにはいかないこのポケモン。基本的にはキレイハナとセットで初手に出すことを想定しています。

持ち物は、キレイハナの攻撃を受けて起動できる弱点保険。しかしキレイハナはわりと相手を眠らせることに忙しく、また相手の攻撃で弱点保険が発動する場面もそれほどなかったので、シンプルに威嚇対策として使えるしろいハーブでよかったのかもしれません。なおそれでもシュカのみガオガエンにはダイアースを耐えてすてぜりふされてしまったりするため、結局単体では対処が遅れてしまいます。

努力値は、攻撃性能と耐久性能を最大限両立するためにHP攻撃振り切り。素早さを伸ばしていないのは、初手にカイオーガと対面した際に天候を奪うため、という面もあります。

技はだんがいのつるぎ、高威力かつ天候合戦にも参加できるようになるヒートスタンプ、そしてキレイハナのバトンタッチと相性が良いダイスチルも採用。最後にまもるを採用しました。

ガオガエンやオーロンゲ、ブラッキーといった受け身な相手に耐えられてしまうことも多かったため、何か積み技があると良かったのかもしれません。まもるを使った場面はなかったので、この枠でもいいのかもしれません。爆発力のあるつるぎのまいも魅力的ですが、初手でイカサマで狙われることもあったのでビルドアップなどもいいのかもしれません。

 

ムゲンダイナ

ひかえめ@パワフルハーブ 217-*-116-216-116-180 (12-*-4-252-4-236)
ダイマックスほう、かえんほうしゃ、メテオビーム、まもる

ちょうまいや耐久のバトンと相性が良いと考え採用。

努力値は、特攻特化、最速ボルトロス抜き、残り若干を耐久に。パーティ的にボルトロスがやや苦しいため、上から強打できるようにしてみました。

耐久寄りにするかも悩んだものの、バトンが上手く繋がるような状況はあまりなく、単体で打開性能を高められる火力型で正解だったと感じました。技はメインのダイマックスほう、ザシアン意識のかえんほうしゃ、そして多くの相手に高威力で攻撃できるメテオビームを採用しました。グラードンに岩技がない関係上浮いているポケモンを倒すのが遅れがちなので、ムゲンダイナの岩技が活躍する場面も多かったです。最後にまもるとしました。ヘドロばくだんが欲しい場面はこれといってありませんでした。

 

ウルガモス

おくびょう@とつげきチョッキ 161-*-85-187-125-167 (4-*-0-252-0-252)
ねっぷう、むしのていこう、オーバーヒート、ぼうふう

対ホワイトキュレム要員としての採用。いかりのこなやおにびを採用したサポート重視にしようかも悩んだものの、むしのていこうと合わせて対特殊を強く担当してもらうためとつげきチョッキを持ったアタッカーに。

ダイマックスする可能性もあるかと考えていたものの、ダイマックスすることはありませんでした。ぼうふうの枠はむしのさざめきなどでも良いかもしれません。

火力に助けられた場面も多く、このパーティ構成においてはアタッカー型で正解でした。

 

コータス

のんき@ぼうじんゴーグル 177-*-211-105-91-25 (252-*-252-0-4-0)
しっとのほのお、ボディプレス、てっぺき、まもる

対白バドレックス要員としての採用。主に鉄壁バトン系を探していたのですが、グラードンが前にいる時でも晴らすことができることに魅力を感じました。

しかし実際のところは白バドレックスに当たらなかったこともあってか選出回数は0。カイオーガ相手にも選出はせず。自分の使い方があまり上手くなかったか、もう少し汎用的に使えるポケモンにすべきでした。対グラードンが重いことにも気付いてしまったので、するとヤドランあたりが良かったのでしょうか...?

 

ニンフィア

ひかえめ@こだわりメガネ 171-*-85-178-150-112 (4-*-0-252-0-252)
ハイパーボイス、はかいこうせん、マジカルフレイム、てだすけ

待ち構えるようなディフェンシブな相手に刺さるニンフィア。初手眠りに対してオーロンゲ、ガオガエン、ポリゴン2、ブラッキーなど固めなポケモンで対処する相手に大きな圧をかけてくれます。

ウルガモスのダイジェットと合わせることがあるかもしれないと素早さに振り切ったものの、そのような場面はありませんでした。
元々はコータスの枠がドータクンかヤドランであり、トリックルームエースとして期待しのがそのままになってしまいました。トリックルームを狙えるパーティであればより活躍の可能性があったかもしれません。

 

【課題】

きつかったポケモン

グラードン

グラードンに大ダメージを与えることができるポケモンが限られており、また有効打があるムゲンダイナ、ウルガモスは共にグラードンの攻撃で1撃でやられてしまいます。

 

カプ・レヒレ

ミストフィールドによりムゲンダイナのダイマックスほうの火力が下がってしまいます。フィールドの解除手段がないことも弱点。レヒレ自体を倒すのもかなり大変です。

 

キレイハナにくさタイプとしての役割を重く持たせすぎたのかもしれません。

 

【終わりに】

ということで今回はキレイハナを使ってみました。やはりようりょくそねむりごなは強い。手が空いた時にバトンをする、というのは悪くなかったように思います。一応勝ち越しで終えることができました。

素早さ操作がなくやや後手に回りがちだったり、くさタイプの打点をキレイハナに任せてしまったことで一部の相手が苦しくなったしまった面はありましたが、取り巻きやキレイハナの技構成など、まだまだ磨ける余地がある気がしました。

 

【配信アーカイブ】

プライバシーポリシー