maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンをはじめとしたゲームの考察や感想、その他色んなことを書いていきます。

ロックマンエグゼ おすすめ攻略本紹介

ロックマンエグゼ アドバンスドコレクションがSwitch等で発売することとなり、さらにその後通信機能も実装されるという続報により、エグゼの期待が高まっていますね。私もとても楽しみです。

当時の攻略情報の入手といえば攻略本が主流でした。私も発売した攻略本のほとんどを購入し読み込んでいました。

エグゼの攻略本は普通の攻略本から通信対戦に特化したものまで色々なものがあり、読み物としても面白いです。この記事では実際に攻略本と共にエグゼをやりこんできた私の視点からエグゼ攻略本を紹介してみようと思います。

個人的にはバトルマスターズバイブルシリーズがオススメ、加えて通信対戦にも興味があれば究極攻略シリーズも持っておくのがおすすめです。再生産されることもおそらくないので、入手はお早めに。

 

 

バトルマスターズバイブルシリーズ(3~6)

 

通常プレイから通信対戦まで幅広くカバーしたオススメのシリーズ。

通信対戦用のコーナーでは、コード別チップリスト、フォルダ紹介、コンボやスタイル・ソウル・クロス活用例紹介、その他面白い特集ページが盛りだくさんです。究極攻略シリーズとはまた違った切り口から通信対戦に役立つ知識が身に付きます。

通常プレイの攻略や各種データもしっかり網羅しており、この攻略本があれば基本的に困ることはありません。(チップの入手法を調べるには、ネットで調べるより攻略本を使うほうが速いです)。


定番チップだけじゃつまらない!と隠れた強力チップの活用法を紹介する特集コーナー「バトルチップ向上委員会」(エグゼ4 276ページ)

 

究極攻略シリーズ(2~6)

 

クリア後の要素や通信対戦に関する内容のみが書かれているやりこみ専用攻略本。

鷹岬先生による通信対戦導入のマンガに始まり、通信対戦に役立つ仕様や隠しパラメータの解説、各スタイル・ソウル・クロス等の対戦面での考察やフォルダ例、おすすめチップコード紹介、大会での流行戦法解説、チップコード毎のバトルチップ一覧表などなど通信対戦を知るのに役立つ情報が盛りだくさんです。

弱点としては各種データやチップの入手法なども載っていないため、実際に対戦準備のため諸々コンプリートするためには他の攻略本の力が必要になります(ネット検索でも調べれますが、攻略本を使うほうが速いです)。


カプコンの研究員が大会の対戦コーナーで来場した挑戦者に対し143連勝を達成した恐るべきフォルダも惜しみなく掲載されています(エグゼ5 70ページ)。

 

改造カードマスターガイド(5)

5でのみ発売した改造カードのガイドブック。各カードの効果や、付く効果からのカード逆引き、実際に改造カードを使用した戦法の解説などが記載されています。今度のアドバンスドコレクションで改造カードが実装されるのかはわかりませんが、もし実装されるとなれば非常に参考になる1冊になると思います。5で改造カードありの対戦に興味があれば持っておくのがおすすめです。

 

公式ガイドブック(ファミ通(エンターブレイン))(1~6)

小学館の攻略本同様、ゲーム発売から一ヶ月程度の早い期間に発売されるストーリー攻略本。チップの入手法をはじめコンプリートに必要な情報が網羅されており、重宝します。バトルマスターズバイブルが発売するまでの期間活躍しました。

個人的には小学館版より読みやすく、こちらのシリーズをよく買っていました。帯がちょっといい感じの質だったりします。

ファミ通と言えば「大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?」なんて言われたりしますが、このシリーズは大丈夫ですb

 

完全攻略ガイド(小学館)(1~6)

  

エグゼ1から出ている小学館の攻略本。ストーリー攻略や各種コンプリートに役立つ情報が網羅されています。

ただ私は本屋で試読した感じ大体エンターブレイン版のほうが読みやすくてそっちを買っていました。そのため小学館版のことはあまり覚えていません...(すみません;)

 

オフィシャル完全ガイド(カプコン)(5~6)

5からカプコンが発売し始めた攻略本シリーズ。中身はおおよそ他のストーリー系攻略本と同じ内容。私は5DS用にこの攻略本を愛用しています。

 

その他

攻略本ではないですが、1から6までの設定を一貫して載っています。キャラクターの設定からゲーム中の出来事の年表などなど、エグゼシリーズを俯瞰して振り返るのにぴったりの1冊です。オススメ。

 

終わりに

ということで攻略本紹介してみました。やっぱ攻略本いいよなあ...今はすっかりネットに駆逐されてしまいましたが、必要な情報がまとまっていて素早くアクセスできたり、時には編集者の独断と偏見によるコメントなども読み応えがあって面白いものでした。

プライバシーポリシー