maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

【INC Feb 最終1874】ギラティナヒスイビート

(レンタルパーティをINC版に更新)

f:id:maikeruexe:20220221160747p:plain

f:id:maikeruexe:20220221115906p:plain

f:id:maikeruexe:20220221145702p:plain

アルセウスの旅の記憶が新鮮なうちに、ヒスイ地方で登場したポケモンたちのみで組んだヒスイ統一パーティを組んでみたくなりました。

ディアルガ・パルキア・ギラティナのうちから2体を採用
→トルネロス・ボルトロス・ランドロスを採用!(何か違くないか...?)

細かいことはさておき、一応ヒスイ地方統一というコンセプトから外れたわけではないので、そんな中最善を尽くすパーティを考えてみました。

そして出来上がったパーティが思いの外手に馴染んだため、そのままINCでも使ってみることに。
結果は45戦の末最終レート1874。大会レートの自己ベスト更新となりましたが、惜しくも上位30には届きませんでした。ってボーダー高過ぎじゃねえか!

 

 

【アイディア出し】

シンオウ禁止伝説3匹とトルネロス・ボルトロス・ランドロス。これらのポケモンはいずれも味方の巻き込み地震を受けない。ではこれを軸にしよう!
→トルネロスの追い風から霊獣ランドロスの地震を通していくのがメインプラン
→威嚇や飛行に強いまけんきボルトロスもダイマックス候補
→ディアルガ・パルキアも威嚇勢に強い
→ギラティナは先制技が使えて小回りが効き、ダイマックスさせなくても強い。
→対白バドレックスが苦しいのでドータクンに頼む

 

【個別解説】

f:id:maikeruexe:20220221150302g:plain

ディアルガ Dialga

ひかえめ@命の珠 205-x-141-222-121-112 (236-*-4-252-4-12)
ときのほうこう、ラスターカノン、れいとうビーム、だいちのちから

弱点をギラティナが受けることができ、パーティが苦手な氷やフェアリーに対して強力なダイスチルを使えるためパルキアよりディアルガのほうが相性が良いかと考え採用。

命の珠は耐久力も長所のディアルガには非常に勿体ない持ち物であるものの、ダイアースで一撃で倒せる相手を広げるため(ザシアンやガオガエン)にやむなく所持。威力150のときのほうこうベースのダイドラグーンも非常に強力です。
まもるもぜひ持たせたかったものの、どの攻撃技も譲りたくなかったため見送り。

努力値は攻撃能力を最大まで高めるためひかえめ特化は確定。素早さは良い調整が浮かばなかったため、1段階上昇時最速100族抜きに止め耐久力を伸ばすことにしました。

ダイマックスすることが一番多い頼れるエースでした。

f:id:maikeruexe:20220221150422g:plain

ギラティナ(オリジンフォルム) Giratina(Origin)

ようき@はっきんだま 230-172-121-*-121-150 (36-252-4-*-4-212)
いじっぱり@はっきんだま 247-189-125-*-125-112 (172-252-36-*-36-12)

シャドーダイブ、ポルターガイスト、かげうち、まもる

ダイマックスしなくても力を発揮できるポケモンであり、シャドーダイブやかげうちで器用に立ち回りたい。ディアルガに飛んでくる弱点技の両方を無効で受けれるのも長所。相手にゴーストの通りがいい場合は追い風からダイホロウで暴れてもらうのも面白いです。

努力値はシャドーダイブを使いやすくするために素早さを伸ばし、性格はようきにして味方のダイジェット1回でフェローチェまで抜けるように。攻撃力は不足気味なので全振り。残りで申し訳程度に耐久強化。

もう少し耐久が欲しい場面が散見されたこと、素早さが活きる場面があまりなかったことから、素早さは最小限に止め攻撃力と耐久力を強化したほうがよかったのかもしれない。

INCではいじっぱり型を採用。火力が伸び使い勝手が良くなり、多くの相手を打破してくれました。

f:id:maikeruexe:20220221150452g:plain

トルネロス Tornadus

おくびょう@きあいのタスキ 155-*-90-177-100-179 (4-*-0-252-4-252)
こごえるかぜ、にらみつける、おいかぜ、まもる

パーティの素早さ操作の要。マタドガスに特性を消されてもレジギガスの上から追い風できる素早さは必須。
ボルトロスやランドロスとの連携のためにらみつけるを持たせてみました。ねこだまし対策のまもるも採用。
努力値はどうすれば良いかよくわからなかったものの、長く居座りすぎてもあれなので耐久はタスキに任せてこごえるかぜの威力を高めるために特攻へ振り切り、ミラーを考えて素早さも最速にしました。

相手のダイロックやダイアイスで狙われることを考えるとタスキが活きる場面があまりなかったため、他の持ち物でも良いのかも。まもるもそれほど使わなかったため他の技でも良かったかも。色々と調整の余地がありそうなポケモン。

結局INCでも技や持ち物はこのままで使ったのですが、何かと使い勝手がよく正解でした。

f:id:maikeruexe:20220221150619g:plain

ボルトロス Thundurus

ようき@とつげきチョッキ 154-157-108-x-100-171 (0-172-140-x-0-196)
ワイルドボルト、そらをとぶ、かわらわり、かみくだく

ボルトランドへようこそ。ボルトロスとランドロスの強すぎる組み合わせは2015年の世界大会で禁止運動が発生するほどのもの(?)

f:id:maikeruexe:20220216013408p:plain

ダイマックス候補であるものの、パワーを押し付けるエースというよりはダイジェットで味方を強化することに重きを置いています。対イベルタルでは重要なポケモンなので大切に扱いたいところ。
努力値は、202-115イベルタルを130ダイサンダーで確定1発、最速ウツロイド抜き、222ザシアンのてだすけきょじゅうざん確定耐えの調整。

技はかみなりパンチのほうが良い気もしたものの、ワイルドなボルトロスということでご利益がありそうなのでワイルドボルトに(オヤジギャグ)。そらをとぶも確定。格闘技は壁対策でかわらわりにしたものの、そんな場面はあまりないので火力重視のばかぢからで良かったのかもしれません。最後の枠は対黒バドレックス意識でかみくだくにしたものの、ダイスチルで耐久強化やオーロンゲ強打ができるようになるアイアンテールでも良いかも。

選出頻度はそれほど多くないものの、出ればなかなかやられずいい仕事をしてくれるポケモンでした。

f:id:maikeruexe:20220221150645g:plain

霊獣ランドロス Landorus

ようき@こだわりハチマキ 165-197-110-*-100-157 (4-252-0-*-0-252)
じしん、そらをとぶ、ストーンエッジ、ばかぢから

ボルトランドのランド。このパーティの隠れたエース。全員地震に巻き込まれないので、心置きなくじしんを放つことができます。追い風やダイジェットの上からじしんを押し付けるのはこのパーティの勝ち筋の一つです。

ようきにすると90族相手に強気に動きやすかったりダイジェットからザシアンや黒バドレックス抜きに繋がって強いかと思ったものの、それほど活きる場面が多くはなかったのでどちらが良いのかは悩ましい。確実に90族伝説の上を取っている安心感は大きかったのでようきで正解でした。
技はじしんとそらをとぶは確定、対イベルタルなどを想定した威力重視のストーンエッジと、レジギガスを強打する場面を考えばかぢからを採用しました。

f:id:maikeruexe:20220221150709g:plain

ドータクン Bronzong

のんき@こうかくレンズ 174-109-184-*-137-34 (252-0-252-*-4-0)
ボディプレス、さいみんじゅつ、てっぺき、スピードスワップ

対トリル白バドレックスが苦しいため、対トリックルームとしての採用。下からさいみんじゅつをばらまきます。素早さ操作はトリックルームを持たせる手もあったものの、スピードスワップのほうが即効性があると感じたためこちらを採用しました。

白バドレックスがほとんどいなかったため活躍の機会は少なかったものの、このポケモンがいるからトリックルームパーティと安心して戦えたということで影の功労者です。

 

苦手な相手

・オーロンゲ
何かしら仕事をされてしまいます。リリバを持ってるのでディアルガの攻撃も耐えられてしまうことがあります。

・イベルタル
攻撃をくらうとひとたまりもない。ギラティナの攻撃の効きもいまいち。ボルトロスを軸に戦いたいところ。

・キョダイラプラス
例によって無理です😇

・ディアルガ
手強いです。

・トルネロス、エルフーン、ファイアロー
基本的に相手の追い風を止めることができません。こちらが先手を取れるかどうかは追い風に依存している部分が大きいため、追い風ミラーになってしまうと相手の高速アタッカーが少し苦しくなります。

 

雑感まとめ

・オリジンギラティナ採用
・全員ヒスイ地方のポケモン
・コピペロス集結
・全員地震に巻き込まれない

と色々な要素を無理やり練り込んだパーティになってしまいましたが、思ってた以上に使い心地の良いパーティになりました。ギラティナもしっかり活躍してくれて満足です。
惜しくも上位30には入りませんでしたが、このレートまで戦えたことには自分でもびっくりしました。自分は幸い今年の世界大会の出場権が既にあるので、だからこそできる自由な視点でのパーティ研究を進めていきたいなと思いました。プレイングで落としてしまった試合もいくつかあったので腕もしっかり磨いていきたいところ。

 

動画、アーカイブ Videos

ランクバトルの配信 Rank Battle


この配信の時はギラティナがようきです。

INC Feb ラスト5戦

全部乗せるのは多いかなと思ったので盛り上がるラスト5戦を上げました。

45戦を約15分にまとめたシーン集

プライバシーポリシー