maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やPC関連、その他色んなことを書いていきます。

FE風花雪月無双3周目(金鹿ルート)クリア!全ルート終えて

風花雪月無双の金鹿ルートをクリアしました!これで3周目、全てのルートの結末を見届けることができました。
(実はルート分岐のベレトス敵対ルートはまだ見ていないのですが、イベントの埋まりを見る限り結末に変わりはなさそうだと踏み一旦置いておきました)

今回はサブクエストはガンガンスキップして20時間かからないくらい。支援会話や拠点での会話など、テキストが多いのでサブクエスト抜きでもそれなりに時間を要しますね。難易度はハード。

色々思うところもありましたが、黄ルートの感想と3ルート終えての感想も記しておこうと思います。

 

別ルート:
FE風花雪月無双 青獅子ルートクリア!感想など - maikeruのポケモン育成日記
FE風花雪月無双 赤ルートクリア!感想など - maikeruのポケモン育成日記

 

 

ストーリー感想(黄)

青・赤ルートではいまいち闇に蠢く者や主人公の秘密に迫れなかったので、黄ルートは本編同様に闇に蠢く者の正体に迫れるルートなのかと思ったら、そんなことはない侵略ルート2でした。
今回はパルミラの話なんかも入っていましたが、詰め込み過ぎて上手く闇に蠢く者の話を確保できなかったのかな?まあ思えばレスターは闇うごの拠点があったりリシテアが被害に遭ってるくらいで実際はあまり闇に蠢く者との接点はなかったというのもありますか。本編でシャンバラを暴けたのも実際ヒューベルトの手柄だったわけで。

正直このルートに闇に蠢く者との決着を勝手に期待してたのでそこを透かされてしまった感はありました。名声ポイントの交換で天帝の闇剣がチラ見えした時に「ネメシス登場!!?」と期待していたのですが、そんなこともなかったのでした...。

次に侵略への違和感。クロードに野望があることはわかったとしよう、しかしそれに皆まですんなり付いていくのはどうなのか。ローレンツはしっかり反発していたものの、なんやかんや自然と皆侵略に納得することに。その後の拠点会話を聞いても、皆「よくわからないけど戦争に勝てばフォドラがもっと良くなるんですよね」と若干思考停止してる感。これでいいのかヒルシュクラッセ。


赤ルートもそうでしたが、今作は教団のやばい感じのところが一切出ていないのでより教団を倒すことの正当性が感じられないんですよね。風花雪月の本編はどうだったかというと、自分は赤ルートでレア様が怖い顔してベレトス消そうとしたり白い竜になったことで「確かに教団はやばいのかもしれない」と思った節がありました。

終わり方も、レアを倒してそれで終わり。きちんとした結末は描かれず、戦争も落ち着いたわけではない模様。つまりクロードに付いていけばフォドラが良くなると信じて戦った皆としてはバッドエンドになるのかな...?

全体的にストーリーの殺意が高くてセテスやフレンまで死ぬんじゃないかと心配してましたが、生きて逃れてくれてよかったです。


こういうところではっきり言ってくれるローレンツ好き


ここで「獣」という語が出た時、実はいつの間にかクロードが闇に蠢く者にでもなってたのかと思った。突然過激派になったりレアへの殺意からしても寧ろそのほうがしっくり来るかもしれない。


共通イベント、黄ルートだけ微妙に違うところがあったような気がしました。例えばここでベレス先生が!マークで反応していたり。何か意図があったのだろうか。

 

キャラクター使用感

クロード
級長の中では一番頼りなかったかも...? 回復薬が切れて事実上の撤退指示として安全な砦の護衛を指示したりしていました。
ホルストさんとベルグリーズ卿の戦いに飛び込んで死んでしまわれたことも一度...

ヒルダ
クロードやホルストがピンチに陥ることが多く、やはりこのルート初加入キャラは少し育成が遅れてて苦しいのかなと思ったら、ヒルダは全然元気に戦ってました。竜に乗れるようになってからも暫くはイメージに合うブリガンド、飛行特攻を防ぐ盾を入手してからドラゴンマスターになりました。

ホルストさん
祝:ホルストさんプレイアブル! てっきり拳か斧で戦うキャラかと思ってたんですがソードファイターだったんですね。
やっぱめちゃくちゃ強いのかな!と思ったらそこまででもなく、普通によくピンチになってましたね...。今度プレイする時はきちんと育ててレスター最強の戦士にしてやりたい。

門番さん

まさかの参戦。どうやらこれは各ルートを遊んで3周目に加わる感じですかね?
選出枠が空いてないので結局一度も使ってはいないのですが。

リシテア


これまでのプレイでは各キャラの兵種は基本的に得意兵種かイメージに合った兵種にしていたのですが、リシテアについてだけはなんだか紋章一致の雷霆を振り回してほしかったのでエピタフにしてみました。攻撃速度が上がり少しザコ敵の相手をしやすくなりました。また本編同様ダークスパイクTが強烈で騎馬の敵相手に痛恨の一撃を見舞ってくれました。

 

3ルート全てを遊んで

青→赤→黄の順番で遊びました。青ルートではロナート卿の件やダスカーの悲劇、西部諸侯の件など本編では触れられなかった事件の真相をだいぶ補完してくれましたが、赤ルートや黄ルートはその点目新しさが少ない上に結末もはっきりせず少し物足りない気がしてしまいました。

主人公・ラルヴァと闇に蠢く者サイドのキャラがようやく味方陣営に来たということで、その方面からも闇に蠢く者の正体解明に踏み込んでほしかったところではあったのですが、それどころか彼ら自身が何者なのかもはっきり名言されることはありませんでした。闇に蠢く者やエピメニデスの目的も、成り代わり術などの特異な力についてもよくわからず。このあたりを楽しみにしてたので少し残念なところ。


一応ヒントのようなものは所々に散りばめられていて、おそらく主人公はエピメニデスの器として造られた存在で、育ての母親はおそらくアガルタの民である、といったことが想像できます。

またエピメニデスがザラスの闇を発動して何がしたかったのかも結局よくわかりませんでした。彼の狙いはベレトスの中の神祖であり、級長達には特に用はないはず。級長が偶然にも全員巻き込まれたというのはよしとして、肝心のベレトスが捕まえれていません。
ザラスの闇をなぜ脱出できたのかなどもいまいち謎な感じになっているので、仮にベレトスも巻き込まれて、共闘しエピメニデスを撃破、神祖の力でザラスの闇を脱出、みたいな感じだったら納得感高いなと思ったのですが、どうなんでしょう。ベレトスをあれだけプッシュしていたのに実際のところストーリーにも影響を与えていないのも少し勿体ないなと感じたので尚更。(改めて思い返すとベレトスは風花雪月本編で言うところの死神騎士みたいなポジションだった気がしてきました)

また、風花雪月本編では侵略ルートは4ルート中1ルートだけだったので侵略ルートは裏ルート的なものとして前向きに受け取れましたが、今回は3ルート中2ルートが侵略というのは...良いのかもしれないけどちょっと感情移入しにくい面もあったかも。まあエーデルガルトの侵略は確定として、クロードの侵略も描くとなるとこうなってしまうのか...? 


そういえばコスタスについても謎のままですね。おそらく炎帝に生徒の襲撃を指示されていたのだと思いますが、襲撃の目的が謎な気がします。

 

終わりに

ということで風花雪月無双を一通り遊びました。
感想としては...ストーリーに関しては青ルートは良いのだけれども赤と黄は少し違和感を感じるところがあるかも。肝心なところに触れられていない気がするので、ifの透魔ルートみたいにもう1ルート配信でもするんじゃないかと。

ゲームシステム自体は面白いのですが、マップやボスによって攻略法が目立って変わるようなものでもないので、やや単調になりやすかったかも。
BGMはなかなか良かったです。個人的にはグロンダーズの会戦アレンジと主人公の覚醒BGMが特に好きでした。

とりあえず風花雪月無双でやり残したこととしては、
・金鹿ベレトス敵対ルート
・支援会話回収
・ルナティックのクリア
・キャラクターの育成
・褒賞のコンプリート
あたりになるのかな...? 一旦はお腹いっぱいになったのでこれはまた気が向いた時に。こちらよりはFE無双のほうが色々やり残しが多いのでどこかで手を付けたいな。

今後遊ぶ予定のゲームについて、FEはちゃっかり封印の剣を少しだけ始めてたので、今後はGBAシリーズ→聖戦の系譜、の順でやる予定です。スプラ3やポケモンSVが発売するとがっつり時間を持っていかれそうなので、年内だとポケモン剣盾の世界大会直後くらいしか時間がなさそうですが...タイミングを見て遊びたいと思います。

ひとまず半年以上続けたFEマラソンもこれにて一区切りし、一旦は世界大会に備えてガラル地方に帰ろうかと思います。

プライバシーポリシー