maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やPC関連、その他色んなことを書いていきます。

FE風花雪月無双 赤ルートクリア!感想など

FE風花雪月の黒鷲ルートをクリアしました!2つ目のルートクリアです。
今回も熱の冷めぬうちに感想を記しておきます。

1周目:FE風花雪月無双 青獅子ルートクリア!感想など - maikeruのポケモン育成日記
3周目:風花雪月無双3周目(金鹿ルート)クリア!全ルート終えて - maikeruのポケモン育成日記

 

 

難易度やバトルについて

2周目で色々要素を引き継げるので、難易度はハードにしてみました。
ハードにした結果相手とのレベルがかなり開き、相手の攻撃でこちらの体力が一気に削られるようになり、味方が負傷してしまう場面も所々ありました。クリア時点での主人公以外の仲間のレベルは40程度(主人公のレベルは80w)
特にラスボスの竜の範囲攻撃がなかなかに手強く、味方はごりごりと削られていってしまいました。味方の負担を軽減するために度々味方に副官指示を出して2人1組にまとめていました。

外伝は主人公以外のキャラで頑張らないといけない場面があったり苦労することもありましたが、まだ全然クリアできる範囲でちょうどよい難易度でした。

ところでサブクエストをスキップするアイテムの存在を終盤になってから思い出しました。使ってみたらめちゃくちゃ楽...! 次の黄ルートでは序盤からどんどん活用してしまおうかと思います(笑)

 

ストーリーや謎について

正義の王国陣営が倒れていく...

赤ルートは今作でもフォドラの貴族制度破壊のため戦争を起こし他国を侵攻していきます。
青ルートの時は倒すことで死亡した生徒はカスパルくらいだったと思うのですが、このルートはイングリットやロドリグさんをはじめ色んなキャラが倒れていきなかなか辛いものがありました。青学級のキャラはきちんとした王国騎士で、説得如きで裏切るような立場ではないキャラが多いというのも大きかったのかもしれません。とにかく覇道を歩んでいる感じでした...

作戦で「裏道」を使えば結果的にアネットは生き残るものの、裏道を使わないと結果としてアネットが死亡することに。これもまた辛い...

説得で仲間になったものの、拠点ではいつも心苦しそうにしていたアッシュ。話しかける度なんだか申し訳ないことをした気持ちになってしまいました。

灰色の悪魔対立ルートはもはやバッドエンドか

今回もベレスに関するルート分岐があり、まずはベレス仲間ルートをクリアしたのですが、青ルートの時と違いクリア後にいくつかのイベントが未開放だったため、これはと思ってベレス対立ルートも進めてみたところ、異なる展開が見られました。こちらのルートだと犠牲は更に増え、結末も三つ巴の戦乱が続くというもの。これは実質バッドエンドか...?

ジェラルトを倒してしまっていると、レオニーも説得に応じず、毒で倒れてしまいます。説得に失敗なんて初めて見て地味にショックでした;

闇に蠢く者について

為り代わりの術をかけられる予定だったモニカがいたり、序盤からアランデル公であるタレスと退治していたりと、闇に蠢く者について内側寄りの立場からいくつか謎が明らかにならないかと思っていたのですが、目的なども結局判明せずこのルートでもろくに情報を掴むことができなかったように思います。
ラルヴァ・エピメニデスについても青ルートと同様ではっきりしたことはわかりませんでした。う~ん残念、ここは黄ルートが最後の希望です。

クロニエがモニカに為り変わるのはそんなに重要だったのだろうか。クロニエ本人は普通に元気そうだったが

コルネリアについては対峙することもなければ新たな情報が判明することもなく。

キャラについて

・シェズ(女主人公)
今回は女主人公にしてみました。男主人公がしっくり来すぎて女主人公のイメージが全然沸かなかったのですが、いざ選んでみるとサバサバした感じもなかなかしっくり来ました。

・エーデルガルト
攻撃速度が遅いためか、相手を倒すのに時間がかかるのは難点だったかな。けど主人公の攻撃が効きにくい槍に強いというのは心強かったです

・ヒューベルト
魔導士であり、かつ騎士団の関係で騎馬にも強い、という感じでした。が、打たれ弱く度々負傷撤退していました。

・フェルディナント
前の青ルートで手に入れたキッホルの紋章一致のアッサルの槍とオハンの盾を持たせたら最強の騎士になりました。
ストーリーでは自分の判断が裏目に出て父を討たねばならないという辛い状況になってしまいましたが、それでも最後までブレないところに安心感を感じます。

・ベルナデッタ
大活躍な弓兵枠。打たれ弱そうに見え、ダメージを負っている場面はよく見たものの、負傷撤退は全然聞きませんでした。ピンチの時は上手く逃げていたのかな?

・カスパル、ペトラ
格闘枠として、宝箱要員として、選出機会の多かった2人ですが、どうにも打たれ弱く、負傷撤退してしまうことが多い2人でした

・リンハルト、ドロテア、マヌエラ
この学級には魔法枠が他にヒューベルトとモニカがいることもあり、基本的に控え要員でした...すまぬ...

・モニカ

実質新キャラのモニカ。エーデルガルト大好きクラブで超記憶力な人でした。
モニカを通じてクロニエについてや成り代わりの術について何か明かされるかと思ったのですが、特にそういった情報も出てこなかったような気がします。

その他

猫、良いですよね...

やっぱアロイスさんには笑顔でオヤジギャグ言っててほしいな。

ベレス、こうして見るとなかなか無表情で冷徹な感じを受けますが、ジェラルトとの支援会話などを見ると温かい感情も見えるのが良いですね。全キャラと支援がAまであるから会話も色々あるのかなと思ったら、ほとんどが会話は無しなんですね、残念。
というか改めて生存したジェラルトとの2人を様子を見れてよかったというか何というか...!

 

最後は黄ルート

ここまでそういえばアガルタのアの字も出てきた記憶がありません。闇に蠢く者やラルヴァ・エピメニデスの秘密については黄ルート頼みとなりました。クロードならきっと闇の正体に辿り着いてくれる...だろうか?
風花雪月本編では最後にネメシスとの戦いになったわけですが、今作でもネメシスとの対決は発生するのだろうか。ネメシスを食い止めるホルスト卿の勇姿を見られるのか、楽しみです。

また、赤ルートではディミトリとは決着を付けるところまでは描かれませんでしたが、灰色の悪魔対立ルートだとクロードが戦死してしまいました。青ルートではエーデルガルトは操られてはいるものの一応最後まで生きてはいます。級長キャラが1人だけ死ぬというのは何だか不平等ですね。
と、その理屈で行くと、黄ルートだとディミトリもエーデルガルトも死ぬということに...!? 風花雪月本編ではそうでしたが、果たして無双ではどうなるのか。

そういえば今作はタイトル画面に級長やラルヴァのクリアマークのようなものがありますね。全てのマークが埋まったセーブデータで何かすると何かが起こる...なんてサービスはあったりするのだろうか、ちょっと気になってます。

プライバシーポリシー