maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンをはじめとしたゲームの考察や感想、その他色んなことを書いていきます。

【ポケモンSV】オリジンパルキア軸【レギュレーションGダブル】

今作で対戦環境に参入したオリジンフォルムのパルキア。このオリジンパルキアの力を上手く引き出してみたいと思い考えてみました。

 

 

【アイディア集】

上がった素早さを活かしたい

・最速まで伸ばしガラルマタドガスと合わせて新技こごえるかぜとの合わせ技で相手のいたずらおいかぜやブーストおいかぜを許さずに倒す。

・155以上に伸ばしひかえめステラにすることでおいかぜハイドロポンプでハバタクカミの一撃ダウンを狙う。

・188以上まで伸ばし、特性をプレッシャーにしてミライドンやパオジアンの素早さ判定を行う (ハドロンエンジンやわざわいのつるぎとプレッシャーは同じ優先度で発動判定が行われる)

テレパシーを活かしたい

・ほうでん、ふんえん、じしんなど

あくうせつだんを活かしたい

・ドラゴンエール持ちとの組み合わせ
→ハバタクカミに縛られないウガツホムラなどが候補
→もう1匹恩恵を受けれるポケモンを入れるなどパーティ単位で活用するのもあり
→きょううん、スナイパー、高急所率技、オーバーヒートなどのデメリット技

・テラスタルによる火力強化

水技を活かしたい

・あまごいでの水技強化

 

【個別解説】

オリジンパルキア

おくびょう@だいしらたま テラスタイプ:ステラ 182-*-121-222-141-155 (132-*-4-252-4-116)
あくうせつだん、ハイドロポンプ、りゅうせいぐん、まもる

オリジンフォルムになったことで素早さに補正をかけなくても実数値155(追い風時にブーストツツミハバカミ抜き)を実現できるようになったため、それを活かす型に。

性格はひかえめ。特攻を伸ばし切り、素早さを155まで上げて残りをHPに回し、不安な耐久を少しでも補強。

テラスタイプはステラ。ステラハイドロポンプでHP144までのハバタクカミを一撃で倒せるようになるので追い風から一撃ダウンが狙え、必要に応じてドラゴン技の威力強化も狙えます。

特性はテレパシー。味方の範囲攻撃の巻き込みを受けなくなります。ふんえん、ほうでん、じしんなどの強力な範囲技と合わせたいところ。

技は専用技のあくうせつだん、高威力水技のハイドロポンプは決定とし、まもるも採用。最後の1枠には、いざという時の最高火力として使用できるりゅうせいぐんを採用しました。特攻が下がった後でも、ドラゴンエールが入ればあくうせつだんが急所に当たるようになる、という薄いシナジーも期待したものです。

火力はしっかり高く、耐久も絶妙で相手の攻撃をギリギリ耐えてくれることがよくありました。素早さについては岩オーガポンやトルネロス、エルフーンの上を取れないことが気になりますが、火力や耐久が捨てがたいこともありこれらのポケモンは他のポケモンで気持ち対策をしておくほうがパルキアのスペックを高く運用することができそうです。

水とドラゴンを同時に半減できる相手が少ないこともあり、動けば相手に大きなダメージを与えてくれるポケモンでした。

 

イーユイ

ひかえめ@こだわりスカーフ テラスタイプ:ほのお 131-*-100-205-140-152 (4-*-0-252-0-252)
ねっぷう、オーバーヒート、ふんえん、バークアウト

スカーフバークアウトで黒バドレックスやミライドンを睨めたり、パルキアを巻き込まずにふんえんが使えること、特性のシナジーなどから相性が良いと考えたポケモン。

黒バドレックスから上を取るためにこだわりスカーフを採用。テラスタイプは必要な場面で火力を上げるための炎テラス。

努力値は特攻と素早さに全振り。素早さは準速ウーラオス抜き程度まで落とすこともできるものの、それで伸びる耐久も僅かなのでミラー意識で素早さを伸ばし切りました。

技はメイン範囲攻撃のねっぷう、必殺技のオーバーヒート、範囲攻撃かつ仮想的の黒バドレックスに使うバークアウト、そしてパルキアのテレパシーとの連携ができるふんえんを覚えさせました。

ふんえんを使う場面はこれといってなく、ワイドガードを使うペリッパーに手出しがしにくかったので普通にあくのはどうが良さそうです。

 

トルネロス

おくびょう@きあいのタスキ テラスタイプ:ひこう 154-*-92-176-100-179 (0-*-12-244-0-252)
こがらしあらし、こごえるかぜ、おいかぜ、まもる

ダブルの基本はおいかぜ。オリジンパルキアの素早さ実数値155を活かすためのポケモンです。相手のおいかぜに対抗する意味でも重要。

味方がじしんを使いやすいというのがエルフーンではなくトルネロスを選んだ大きな理由の1つ。

タスキが空いているため持ち物はきあいのタスキ。

テラスタイプはいざという時にこがらしあらしの火力を強化するためのひこう。ただ、禁止伝説の攻撃を無効にできるじめんやノーマルなども候補になり得そうです。

技は主力のこがらしあらし、必須のおいかぜ、まもる、最後の枠には削りながら素早さ操作ができるこごえるかぜを採用しました。役立つ場面は多く、使用感の良い技でした。

 

テツノワダチ

ようき@こだわりハチマキ テラスタイプ:じめん 169-164-141-*-91-169 (28-252-4-*-4-220)
じしん、10まんばりき、アイアンヘッド、いわなだれ

ミライドンに特に強い地面タイプであることを評価。おいかぜなど無しに単体でミライドンを見ることができ、テラスタルで耐えられてオーバーヒートされるくらいしか負ける場合がない。パルキアが苦手なフェアリーに強い鋼タイプということも相まって相性が良いと判断しました。

持ち物はより相手に圧のかかるこだわりハチマキ。テラスタイプは必要な場面で火力を引き上げられる地面テラスを採用。

技は単体攻撃で使いやすい10まんばりき、相手の重さに依存せず使える一致技のアイアンへッド、パルキアやトルネロスを巻き込まずに範囲攻撃できるじしん、浮いてる相手も含めて範囲攻撃できるいわなだれを採用しました。

タイプが優秀で、じしんの火力も高く頼りになりアタッカーでした。ミライドンにも確かに強いのですが、取り巻きがテツノワダチに強いことが多いので、運用には注意が必要だと感じました。

 

ウガツホムラ

ようき@ブーストエナジー テラスタイプ:ほのお 192-156-141-*-113-157 (92-164-0-*-0-252)
フレアドライブ、バークアウト、ほえる、ドラゴンエール

なんとなく確定急所ギミックをやりたかったためドラゴンエール要員を探したところ、ハバタクカミに弱くないドラゴンエール要員として採用。

努力値はブーストエナジーで素早さが上昇するように、かつできるだけ攻撃が高くなるようにし、残りで耐久を伸ばしました。テラスタイプはいざという時に火力を引き上げる炎。

技は相手の重さに依存せずダメージを与えることができるフレアドライブ、相手を削りながら弱体化ができるバークアウト、ザマゼンタをはじめとしたウガツホムラで対処できないがどけたいポケモンをどけることができるほえる、コンセプトのドラゴンエールを採用しました。

高耐久で弱点が突かれにくいため安定感のあるポケモンではありますが、ドラゴンエールは狙うのが難しくリターンもそれほど大きくないため、パルキアを入れるからと無理にドラゴンエール狙う必要はないと感じました。

 

ローブシン

ゆうかん@くろおび テラスタイプ:かくとう 192-211-115-*-106-45 (92-252-0-*-164-0)
けたぐり、マッハパンチ、ワイドガード、まもる

トリックルームパーティ対策枠としての採用。トリックルーム下でアカツキガチグマを一撃で倒せるという条件を満たしつつ、非トリックルーム状態でもマッハパンチやワイドガードである程度の仕事ができる点を評価しました。

技は仮想敵の重量級の相手に十分なダメージが出せるけたぐり、便利な先制技のマッハパンチ、伝説ポケモンの強力な範囲攻撃を防ぐワイドガードを採用。最後の枠は非常に悩みましたが、場持ちを重視してまもるを持たせました。ドレインパンチや格闘と相性補完の良い技もぜひとも採用したいです。

実際のところ悪くない仕事ぶりではあったのですが、トリパにモロバレルが入ってることが多く、ローブシンだけでは安心できないことも多かったです。テラスタイプを草にしたりぼうじんゴーグルを持たせることでモロバレルを無視できるようにするという手もあるかもしれません。

特性や持ち物の恩恵をそれほど感じなかったので、まだこのあたりに改善の余地があるように感じました。上記のようにぼうじんゴーグルが候補になる他、トリルサポーターにガオガエンがいるようなこともあるため、腐らないようにクリアチャームを持たせるのも良さそうです。特性を根性にしてやけど対策をするのも良いかもしれません。

 

【振り返り】

・確定急所あくうせつだんをやりたくなる気持ちになりますが、今のインフレ環境ではそんなことをしている余裕はなかなか無いと実感しました。リターンもそれほど大きなものではないので、無理に狙うより堅実にパーティに合ったポケモンを採用したいところです。

・だいしらたま+ステラの火力は流石に高く、相手に強烈なダメージを与えてくれました

・炎ポケモンが2匹いるためかペリッパーをよく誘いました。パルキアにとってはありがたかったです。が、イーユイはあくのはどうで最低限ペリッパーを対処できるようにすべきでした。

・水+ドラゴンの攻撃は両方半減できるポケモンが環境にほとんどいない(ナットレイやカミツルギ、カプ・レヒレが上陸していない)ため、攻撃の通りはかなり良かったです。

・ローブシンもいい活躍をしてくれました。

【配信アーカイブ】

プライバシーポリシー