maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

ファイアーエムブレム風花雪月クリア!簡単に感想

前々から気になっていたファイアーエムブレム風花雪月の1週目をクリアしました!

 

初FEでした。気になってたけどなかなか時間を持っていきそうだったので、ゆっくり遊べるタイミングを見計らってプレイ。ちなみに今まで遊んだ主なSRPG(シミュレーションRPG)は、サモンナイト1~6、ルミナスアーク2,3、STELLA GLOW、ポケモン+ノブナガの野望など。

難易度はカジュアル・ノーマルで遊んでました。多少SRPGに慣れているとはいえ一応初FEなのと、万一戦闘不能になったりした時にリセットしたりするのは面倒だなということでこの設定に。実際ノーマルでも戦闘不能になることは時々あったし、これでよかったと思います。
ちなみに選択したのは青学級。物理攻撃が得意とのことで自分好みだったのでこの学級にしました。

感想としてはとても遊んでいて楽しかったので、SRPGが好きな人にはおすすめできますし、初SRPGの人でも比較的入りやすいのかなと思います。

以下ネタバレあり

 

 

雑感色々

・スカウト
スカウトはあんまり他の学級の生徒勧誘するの良くないかなと思い、リシテアと一部先生だけにしたのだけれど、もっとスカウトしておけばよかったかな?2部の修道院が寂しい感じに。
自分はカジュアルでやったけど、クラシックだとスカウトはユニットの補充救済という用途にもなるのだろうか。

 

・クリティカル
クリティカルがドラクエの会心の一撃ばりに強いけどしかもわりとしょっちゅう出る

 

・戦闘バランス感
-レベルが変わっても見た目の数値感の変化が緩やか。他のゲームはわりとガンガンステータスに差がついていくので新鮮だった。
-お互い全体的に耐久が低め?追撃というものもあるからか一回の攻撃で倒れることも多い。
-機動力の高いこと。ペガサスナイト最強!
-攻撃範囲も広い。12マスとかなんじゃ。攻撃範囲がマス目で見えないぞ。
-範囲攻撃がほとんどない?一度も範囲攻撃を持たなかった気がする。

 

・計略よくわからなくて全然使わなかった...

 

・敵の侵入を止めたい。
魔法型が相手の物理型の攻撃を1発貰うだけで戦闘不能になるのもよくあることなので、サモンナイトのZOCみたいに、敵の進軍を止めるスキルがほしいな。あ、もしかしてそれが計略なのか..?

 

・17章、できるだけ元同級生を攻撃したくはないと防戦をしていた結果、最後には容赦なく敵を攻撃するディミトリだけが生き残った話。余計な感情を持つと戦場では命取りなのですね...
(エーデルガルトを倒せばバトルが終わると思ったら終わらなかったのですよ...)

 

・19章で初めて「入浴」を知った

 

・副官として戦闘に出さなくてもレベル上げできるのは良い

 

・ストーリー中の死亡フラグ、なかなかわかりやすかったけどそれにしても辛いものがある...。まとめると「不意討ちは怖い」ということか。

 

・1週目は教師の鑑としての行動を心がけていたので、お茶会で生徒を見つめたり指輪をプレゼントするような真似は謹んでいました()。ということでエンディングはソティスED。

 

プレイ時間

ほぼちょうど50時間でした。ボリュームはちょうどいいですね。

 

ユニットについて

育て方は基本的に生徒の希望する方向と近いクラスを目指す感じでやっていました。

主人公

とても使いやすかった。主人公といえば勇者!ということで勇者クラスを目指していたものの、途中でニルヴァーナに覚醒したので以降それで使ってました。
一度敵の格闘家のクリティカルを貰って即退場した悲しいことが...

ディミトリ

一部ではパラディンになり、全体的に高い能力もあってかなり頼れる存在に。
2部で闇落ちしても恐ろしい戦闘力で暴れてくれました。相手の物理型も一撃で葬る攻撃の威力が素晴らしかったですね。キラーランスがよく似合ってました。最強!

イングリット

目標のペガサスナイトに早めに到達し、その後はファルコンナイトに。移動力が最強!めんどくさいステージはイングリットがボスめがけて飛んでいって早期決着してくれたことも多かったです。回避力も高くて囮役もよくやってくれました。
終盤は少し攻撃力不足にもなってきたけど、それでも大変心強かった。

フェリクス

剣の腕に拘るだけあって流石の戦闘力。フェリクスが攻撃すれば相手は死にます。
終盤は魔法も習得してエピタフになり重装型も倒せるようになって大変心強かった。

ドゥドゥー

耐久力が高く、フォートレスになってからは大変頼れる壁役でした。
最後はウォーマスターになって格闘というものの強さを教えてくれました。

アネット

魔法アタッカー。最初に技能がS+まで成長し、技能の限界を教えてくれた生徒。黒魔法射程+1を習得して一気に使い勝手が上がりましたね!

メルセデス

回復役としてとても重宝してました。回復の範囲広すぎ!
経験値が入る場面が少なくレベルが遅れがちだったので、メルセデスで敵を倒せるときは優先的に攻撃するようにしてました。

アッシュ

弓アタッカー。かゆいところに手が届く長射程でかなり活躍してくれました。ここぞというときにクリティカルも入れてくれて最高に頼りになった!

シルヴァン

騎手を目指すところから重装方向へ。ドゥドゥーがいなかった間はフォートレス役になっていました。
途中までやや器用貧乏なところがありましたが、最終的にはグレートナイトになって良い感じに活躍してくれました。

フレン

実はストーリー的にちょっと怪しいなと思っていたのだけれど、少なくとも悪者ではなさそうでした。ごめんよ...
ただまだ何か秘密があるみたいなので、それは続きのプレイで明らかにしていきたいと思います。
ちなみに戦闘ではほぼ選出しませんでした...。専用アイテムの白魔法射程+1もあるから実は結構強かったのかも。

リシテア

他学級からスカウトした唯一の生徒。アネットと少し役割が被ってしまいましたがレギュラーメンバーとして頑張ってくれました。

シャミア先生

最初にスカウトが成功した先生。まだ生徒が中級クラスのときに既に上級クラスだったこともあってか、序盤は無敵でした。流石先生...!
その後は自重して生徒に出番を譲ることが多かったものの、第一部最終戦では死神騎士をクリティカル一撃で射抜く活躍をしてくれました。

セテス

第二部から参戦。ドラゴンナイトということもあって使いやすかったのでレギュラーメンバーに参入です。
イングリットのペガサスと比べると回避も高くなく魔法にも弱いということで運用には慎重になってたけど、その分防御とかが高かったのだろうか。
セテスにも何か秘密がありそうなのでもう少し続きのプレイで追っていきたいですね。

ギルベルトさん

二部から参戦。しかし最初のイベントとアネットとのイベント戦以外では出陣しませんでした...

アロイス先生

一部の終わりになんとなくスカウトしたものの、一度も出陣することはありませんでした...

マヌエラ先生

一部の終わりになんとなくスカウト。
剣と白魔法重視となるとどのクラスを目指すべきかわからないなと思いつつ、結局一度も戦闘に選出することはありませんでした。すまん...

 

・結局エーデルガルトが何をやりたかったのか明らかになってなかった気がする

・最初野盗にエーデルガルトが攻撃されてたと思うけど、あの野盗は「炎帝」によって使われてた野盗だったはず。どうなってるんだ...?

・炎帝とあの不気味な集団はあくまで協力関係で同一の勢力ではなかったような覚え。とするとあの不気味な勢力は一体...?最終戦でも帝国兵装ではない謎の敵がいたけど、あれは何だったのか。

・途中セテスが触れてたように、「(赤髪の少女)やトマシュに怪しい経歴はなかった。もしや本人は既に殺されていて何者かが成り代わっていたのかもしれない」。このあたりの真相も気になる。

・結局レア様は、フレンは、主人公は、何者だったのか。

このあたりの謎は続きのプレイで追っていこうと思います。

 

まとめ

ストーリーには中々辛い場面もあったけど、それでも楽しかった!

まだ1週目で色々謎が残っているような気がするので、他の学級も遊んだりしてもう少し自力で真相を探ってみることにします。
この素晴らしいゲームを作ってくださった方々に圧倒的感謝...!

プライバシーポリシー