maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

【剣盾GS】ウソッキーが可能性の塊過ぎる件!?【エイプリルフール】

エイプリルフール特別企画。ウソッキーが可能性の塊過ぎる件!?

f:id:maikeruexe:20220403010019p:plain

f:id:maikeruexe:20220403010034p:plain

気が向いたので作ってみました。ウソッキーはなかなか面白い技を覚え、特性も優秀なので意外な活躍に期待のできるポケモンです。

 

 

【アイディア出し】

ウソッキーのここが強い

・ふいうちで黒バドレックスを倒せる

・ウッドハンマーでカイオーガやトリトドンといった相手を強打できる。

・特性ががんじょうであれば持ち物なしで行動保証を得ることができる

・てだすけを覚えるため腐りにくい。

・高威力なもろはのずつきを覚える。特性いしあたまなら反動ダメージも受けない。ダイマックスなしでもホウオウ、レシラム、キュレム、イベルタル、白バドレックスなどを強打できる。勿論ガオガエンにも大ダメージ。

悩ましいところ

・トリルへのカウンターにするか、いっそ追い風に乗って上から攻め込むか

素直に行くと低い素早さを活かしてトリックルーム下で頑張ってもらうことになるものの、素早さを伸ばすとガオガエンの上からもろはのずつきを打てるようになったり追い風で色々な飛行の上を取れるようになるため、そういった使い方もアリ。

・主に初手に出すか、後発にするか

先発はてだすけを最大限活かせたり、がんじょうの行動保証が活きやすい。後発はトリックルームへのカウンターやふいうちでの〆に適しており、また威嚇も受けにくい。

・がんじょうか、いしあたまか

ウソッキーの個性を活かすならストーンエッジよりはもろはのずつきを採用したい。行動保証を取るか、反動なしを取るか。両立してタスキいしあたまのほうがいい説もある。この場合、レシラムやキュレムの特性貫通攻撃を受けた場合もHPを1残し、もろはのずつきで反撃できる。

伝説選択

・ルギア
ウソッキーと先発で並べる場合の候補。横の援護がなくても相手に縛られることがほぼない。ダイジェットを使うため素早さ合戦に参加でき、またウソッキーのふいうちで弱点保険発動の動きもできる。

・黒バドレックス
てだすけと相性が良いポケモンとして。てだすけアストラルビットで相手を吹き飛ばしていきたい。ねこだましが効かないのも大きなメリット。苦手なイベルタルやガオガエン、黒バドレックスに対してはウソッキーがある程度戦うことができる。

・カイオーガ
てだすけとの相性が良い。ホイホイなトリトドンに対しウッドハンマーを打ち込んでやりたい。行動順を考えるとトリパとして使いたい。

・ザシアン
てだすけとの相性が良いが、ねこだましで狙われると少し困りがち。

 

【個別解説】

ウソッキー

ゆうかん@かたいいし 177-167-135-*-86-45 (252-252-0-*-4-0)
もろはのずつき、ウッドハンマー、ふいうち、てだすけ

ユニークな技の数々により活躍の可能性を感じるポケモン。
素早さについてはなやましかったものの、今回は素早さを下げトリックルームへのカウンターとして使えるようにしてみました。トリックルームパーティと対面することはそこそこあったので、アリだったかもしれません。対トリパで出しつつ、平時はてだすけで援護、スキあらばもろはのずつきを一撃、という使い方になります。
もろはのずつきはけっこう外れてしまいましたが、当たった時の威力は流石のものでした。ウソッキーを使う以上はこの80%については腹を括らないといけないかなと思います。
時には初手ダイマックスし、ルギアなどのてだすけを受けてのダイロックで相手を強打する場面もありました。

ダメージ計算

167 たつじんのおびウッドハンマーで176-110カイオーガを63%の乱数1発、1段階下降時帯もろはのずつきで202-114ガオガエンまで確定1発、帯もろはのずつきで207-170白バドレックスを81%の乱数1発

 

ルギア

おくびょう@弱点保険 182-*-150-142-174-178 (4-*-0-252-0-252)
エアロブラスト、だいちのちから、こごえるかぜ、てだすけ

ウソッキーを初手に出すような出し方をした際、ウソッキーは横を守るようなサポートができないため、そういったサポートなしでも戦える安定性の高いポケモンを使おうと思いました。そこで候補になったのがルギア。ルギアは高い耐久とマルチスケイルのおかげでそうそうやられることはなく、また火力面も弱点保険をウソッキーのふいうちで発動させてやることで補うことができます。

技はエアロブラスト、だいちのちからまでは確定。天候に干渉したりダイマックスしていないときも素早さ干渉するためのこごえるかぜ、そしてルギアが補助に回った際の火力サポートとしててだすけを覚えさせました。

最初は火力を伸ばすためにひかえめで使っていたものの、リザードンとのダイジェット合戦で後手を取るのが苦しかったり、ダイジェット1回でレジエレキの上を取れる可能性が非常に低いのはよくないと思い、おくびょうに変更しました。

安定性は確かにあり初手に出しやすかったものの、ウソッキーと並べてしまうと少し押しが弱い面もありました。

 

黒バドレックス

おくびょう@こだわりメガネ 175-*-101-217-120-222 (0-*-4-252-0-252)
アストラルビット、マッドショット、はかいこうせん、おにび

てだすけメガネアストラルビットで相手を一掃したいと考えていたものの、そんなに甘いものではありませんでした。
ダイマックスする選択肢も考えられるため、ダイウォールになるおにびも持たせてみました。

 

エルフーン

ひかえめ@だっしゅつボタン 136-*-105-141-95-168 (4-*-0-252-0-252)
ムーンフォース、すりかえ、おいかぜ、まもる

相手のレジエレキやおいかぜに対抗するためにはこちらも追い風を持つ必要があると考え採用。
オーロンゲやイベルタルといった悪タイプが重いことを考え、強めの威力で攻撃できるひかえめムーンフォース。また当初はタスキをウソッキーが持っていたため、だっしゅつボタンを持たせてすりかえ型にすることに。これにより、パーティで重めなレジギガスやポリゴン2への対抗手段とすることに。

 

レジエレキ

ひかえめ@いのちのたま 155-108-71-167-70-252 (0-0-4-252-0-252)
10まんボルト、エレキネット、しんそく、まもる

対オーロンゲが重いということで、単体で高威力を出せるポケモンとして採用。ねこだまし枠とダイサンダーの集中で倒せる確率を上げるため、持ち物はじしゃくでなくいのちのたまを採用。
素早さも1段階上昇のイベルタルやリザードンを相手にすることを考えると譲れず、結果CS。

 

カポエラー

いじっぱり@ロゼルのみ 157-154-123-*-130-90 (252-196-60-*-0-0)
インファイト、ねこだまし、ふいうち、てだすけ

ねこいかく枠。最初は思考停止でガオガエンを考えていたものの、パーティがバンギラスに手も足も出ない事に気付き、格闘タイプのほうが良いと考えカポエラーに。ズルズキンも候補だったものの、てだすけでも補助ができることやふいうちでルギアの弱点保険を発動させたり相手の黒バドレックスに大ダメージを与えることを考えカポエラーに。
持ち物は何が良いかわからず、とりあえずザシアンの前で一度動けるようになるロゼルのみにしてみました。
努力値は何かの流用で少し防御に割いているものの。インファイトでのガオガエンやふいうちで黒バドレックスを倒す確率がかなり怪しくなるので攻撃に特化させたほうが良さそうです。

 

雑感まとめ

配信を始めてから1勝の後5連敗することとなり、これはやらかしたかと思ったものの、最終的にはなんとか勝ち越しまで戻れて一安心です。

今回は主に高速アタッカーと組み、ウソッキーには対トリルをお願いする形となりましたが、本当はカイオーガトリパのほうがより個性を活かせるのかも、と配信直前で思いました。

 

配信アーカイブ

プライバシーポリシー