maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンの考察やその他色んなことを書いていきます。

【セイムダブルビート】シロデスナパーティ

f:id:maikeruexe:20210816163604j:plain

f:id:maikeruexe:20210816163608j:plain

f:id:maikeruexe:20210816175504p:plain

セイムダブルビートで使用したパーティ。

シロデスナは特性のみずがためによって水技を受ける度防御力が2段階上昇。みずしゅりけんを使うことで一気に防御力を上昇させることができ、更に弱点保険で攻撃力も上昇、そして特殊耐久もダイアースで補うことができるポケモンです。
このルールには確定急所で防御上昇を無視してくるウーラオスがおらず、すてぜりふで鈍足ポケモンを腐らせてくるガオガエンもいないことからシロデスナにとっては普段より戦いやすい環境ではないかと考えました。

更にセイムダブルビートでは持ち物の重複も可能であるため、弱点保険持ちセキタンザンもパーティに入れることでみずしゅりけんによるギミックを共有することができます。セキタンザンはシロデスナが苦手な草や氷に強めで悪やゴーストにも弱くないため、相性も悪くありません。

これら3匹を軸としたパーティを考えてみることにしました。 

パーティ構築

まず採用したのはドラパルト。環境にバナコータスが一定数いると考えられ、その際スカーフなみのり+セキタンザンのダイバーンで一気に攻勢に出たいと考えていました。またこのゆびとまれを無視してセキタンザンを起動できることからも第2の起動要員として採用する価値があるかと考えました。

(最も後から振り返ると、このゆびとまれ+水or地面技持ちが厳しいことは変わらないので、実質的にほぼバナコータスピンポイントな採用になってしまっていました。バナコータスに対してはタスキねむりごなは割り切って水手裏剣起動、まもる+むしのていこうから入るなど一応対抗手段はあったので、バナコータスにはそう対応してこの枠はパーティの地力を高めることに充てるべきだったかもしれません。)

 

次に、このパーティは初手ダイマックスタイプのパーティであるため、相手のあくびを警戒していました。ただ一々あくびを警戒していてはコンボを決めることもままならないため、後出しからあくびを無効化できるバチンウニかガラルマタドガスの採用を考えました。
なかなか迷ったのですがガラルマタドガスがややパワーに欠けることに対しバチンウニはトリックルーム下ではなかなかのアタッカーになり、またふいうちも便利ということで単体性能を見てバチンウニの採用を決めました。

(最も、これを書いている時に気付いたのですが、後出しからのあくび無効化は他にもスイートベール持ちポケモンも候補になるので、そのあたりも含めて検討すべきでした。アマージョなどはパーティ的に苦手な水タイプにも強く出れそうです)

 

最後の枠は、ここまで対サザンドラやバンギラスなどが厳しく、フェアリータイプの物理ポケモンが欲しいと考えました。
採用したのはミミッキュ。ミミッキュはトリックルームが使えることからシロデスナやバチンウニとの相性が良く、またばけのかわのおかげで技を使うチャンスを作りやすいです。ウッドハンマーもこのパーティで重くなりがちな水タイプへの攻撃手段になります。

 

という感じでこの6匹のパーティができました。

 

【個別解説】

シロデスナ

おだやか@弱点保険 192-*-130-121-139-54 (252-*-0-4-252-0)
シャドーボール、だいちのちから、すなあつめ、まもる

活躍させるならこの環境!と思えたこのポケモン。
努力値は特殊方面の耐久も補うために特防特化。技も一致技と回復技、まもるですんなり決まりました。
実際には完全に要塞化して相手を詰ませる、というよりは高い耐久力を盾に相手と打ち合うということのほうが多く、少し火力不足を感じることもあったので、もう少し特攻を伸ばしてもよかったのかもしれません。例えば128-132やひかえめにして133-127とかでしょうか。

アギルダー

ようき@きあいのタスキ 162-*-68-94-100-214(52-*-60-*-156-236)
むしのていこう、みずしゅりけん、あくび、まもる

シロデスナとセットで採用のギミック起動ポケモン。
技はギミック起動のみずしゅりけんが確定、セキタンザンに対するダイストリームのダメージを抑えるなど即効性あるサポート技のむしのていこう、相手のねこだまし対策のまもる、最後に厳しい相手をなんとか誤魔化せるかと思いあくびを採用しました。
アシッドボムもあると便利そうでしたが、あくびとの選択になりそうです。あくびはこのパーティには少し効きが遅い面もありますがそれでも便利な技でした。

努力値は素早さを最速ドラパルト抜きに調整し、残りは特防を伸ばすことでセキタンザンと並べた際にポリゴン2のダウンロードで攻撃が上昇するよう調整しています。特性はかるわざです。特攻個体値は味方へのみずしゅりけんのダメージを抑えるため0を厳選しました。けっこうみずしゅりけんを味方の弱点に5発当ててましたのでこれは正解でした。

概ね使用感は良く活躍してくれたポケモンでした。

セキタンザン

いじっぱり@弱点保険 189-145-141-*-111-78 (28-252-4-*-4-220)
いわなだれ、フレアドライブ、10まんばりき、まもる

弱点保険コンボで爆発的パワーを発揮するおなじみのこのポケモン。
アギルダーと組んでも良好で、かなり活躍してくれました。

物理型と特殊型でかなり悩んだのですが、非ダイマックス時も扱いやすい物理型にすることにしました。とつげきチョッキによってダメージを狂わされることがなかったり、バンギラスにもある程度ダメージを与えられるのも利点です。

技はいわなだれ、フレアドライブが確定。耐久力を高める効果がありがたいダイアースになる10まんばりきも採用し、最後に相手のダイストリームを受けたり細かな立ち回りを可能にするまもるを採用しました。

努力値は攻撃特化、素早さを6段階上昇時最速砂かきドリュウズ抜きに調整し、残りを耐久に。一度最速ダイジェットドラパルトの上を取れず苦戦したことがあったので、素早さをあと2伸ばして1段階上昇ドラパルトの上を取れるようにしてもよかったのかもしれません。

やや受け身なシロデスナに対し超攻撃的なセキタンザンということで、こちらもかなりの試合で活躍してくれました。

ドラパルト

ようき@こだわりスカーフ 163-172-95-94-96-213 (0-252-0-0-4-252)
ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、ワイドブレイカー、なみのり

第2の弱点保険起動要員。
ただ相手のふいうちで何もできず倒されてしまう場面が多く、相手のふいうちに縛られにくいところまで努力値を伸ばすべきだったのかもしれません。最も、エースバーンなどは命の球を持っていることも多いため調整は難しかったのかもしれませんが..

スカーフなみのりは動きが窮屈になることからも、どうしても採用しないといけない場合以外はやはり避けるべきだったのかもしれません。

ドラゴンアローやワイドブレイカーで頑張って戦ってくれる場面もありました。

バチンウニ

れいせい@とつげきチョッキ 155-121-115-157-106-31 (252-0-0-252-4-0)
ライジングボルト、ねっとう、ベノムショック、ふいうち

対あくび枠兼トリルアタッカー。
なかなかのやり手でトリックルーム下でのパワーはもちろん、通常時もふいうちが便利で、イエッサンのサイコフィールドをかき消しながらふいうちを決める場面もありました。

持ち物は特殊耐久を高めてくれるとつげきチョッキ。エレキシードも候補ですが、相手に持ち物が見えないことに利点を感じました。ただこれを書いてる今はきあいのタスキでもよかったのかもしれないと思いました。

技はメインのライジングボルト、対じめんタイプのねっとう、便利なふいうち、最後に対ゴリランダーを意識しベノムショックを採用しました。ベノムショックの枠は浮いている相手を意識して10まんボルトにしたり、きあいのタスキを採用していたらまもるでもよかったのかもしれないと思いました。

誤って素早さVの個体を連れてきてしまいましたが、対トリックルームの意味でも素早さの低い個体を連れてくるべきでした;

ミミッキュ

いじっぱり@リリバのみ 159-156-104-*-125-116 (228-252-28-*-0-0)
じゃれつく、ウッドハンマー、かげうち、トリックルーム

このパーティに最後に入ってきた枠。
技はじゃれつく、かげうち、トリックルームが確定。最後の枠にはウッドハンマーを採用しました。高威力の命中安定技であり、パーティが苦手な水タイプにも刺さります。

持ち物は何が良いかわからず、何となくリリバのみを持たせました。リリバのみはほぼ発動しなかったのですが1戦それで拾った試合がありました。ただこれはアッキのみでもよかったかと思っています。

 

厳しかった相手

トゲキッス

トゲキッス自体はなんとかなるものの、このゆびとまれによるコンボ阻止が厄介でした。

ポリゴン2

格闘タイプのポケモンや単体で高火力を出せるポケモンがいないため、突破がなかなか難しいポケモンでした。またサイドチェンジが厄介で、浮いているポケモンと並べられるとシロデスナの技が択になってしまいます。

キングドラ

雨天候下でダイジェットを使用されると、スカーフドラパルトも、6段階上昇セキタンザンも、軽業発動アギルダーも抜かれてしまうほどのスピードスター。

 

反省会

上でも色々書きましたがここでもう一度まとめてみます。

・ドラパルトの枠が怪しい。先にあくび対策枠から検討してよかったかも。ドラパルトを採用することになったとしてもスカーフなみのりはできるだけやめるべきだった

・あくび対策枠にスイートベール組も検討すべきだった。スイートベールであればアギルダーのあくびを阻害することもない。

・シロデスナの火力-耐久ラインはもう少し吟味する余地があった

・バチンウニの素早さは下げた個体にすべきでした(登録前にきちんとパーティを確認すること)

・バチンウニの持ち物はきあいのタスキでもよかったのかもしれない

・ミミッキュの持ち物はアッキのみなどでもよかったのかもしれない

 

雑感まとめ

アギルダーを軸としたシロデスナ・セキタンザンの使い勝手はなかなか良く、取り巻きなどもう少し上手くパーティを作れればもっと勝率を上げれたのではないかと思うといくらか悔しい結果になってしまいました。

このセイムダブルビートが発表された時はダブルで重複可になってもあまり遊べることがないように思ってしまいましたが、持ち物の重複をはじめ色々と遊べることがあり、準伝説がいないこともあって色んなポケモンに可能性を感じられる楽しいルールでした。

今回の経験を糧とし次はより良いパーティを作れるよう精進したいと思います。

プライバシーポリシー