maikeruのポケモン育成日記

maikeruのブログです。ポケモンをはじめとしたゲームの考察や感想、その他色んなことを書いていきます。

【SVダブル】寿司(ヘイラッシャ+シャリタツ)対策ネタ帳

ダブルで対策必須ポケモンであるところの寿司コンビ。自前のパーティを考えたものの寿司コンビが重く、何かパーティにフィットする対策がないかな...と頭を悩ますことがあったのでここにまとめておくことにしました。なお、大半は考えただけで実際に試したわけではありません。

随時更新予定

 

 

ゴリ押し系

水半減ポケモンでのごり押し

水ロトム、草ロトム、ボーマンダ、オンバーン、ドラパルト、カイリュー、サザンドラなど。

ヘイラッシャから有効打を受けにくく、こちらからは逆に大ダメージを狙えるポケモン。ドラゴン勢はりゅうせいぐんのデメリットがてんねんで無効化されるため、メガネ流星群の連打で大きなダメージを狙える(ただしヘイラッシャを倒した後に注意。シャリタツも多くはスカーフを持っている)。相手のテラスタル次第で攻撃があまり通らなかったりテラバーストで返り討ちに遭う可能性もある。

せいなるつるぎ

現在のルールではエルレイドのみが使用可能。相手の能力上昇を無視し、特性きれあじと合わせて大ダメージが狙える。ただしそのままではヘイラッシャの先手の一撃でエルレイドが倒されてしまい、またせいなるつるぎでも一撃で倒せるわけではない。

 

固定ダメージ系

がむしゃら

相手のHPを自分と同じHPに。タスキやがむしゃらと合わせることが多い。素で最速ヘイラッシャより早くがむしゃらが使えるのはタイカイデンのみ。ルガルガンやガケガニなど特性との組み合わせでヘイラッシャの上からがむしゃらを使えるポケモンも。

いのちがけ

防御上昇を無視してHPに直接大ダメージ。これだけで倒しきれるわけではなく追撃が必要なこと、そしてこちらも1匹ポケモンを失ってしまうことには注意が必要。

カウンター

上手く決まれば一撃ダウンも狙えるものの、耐えれるHPやタスキを残しつつ都合よく攻撃が飛んでくる必要があることなどを考えると当てにはしきれず、あくまで小さな対抗手段の1つといったところ。

みちづれ

上手く攻撃が飛んでくるのを見切らなければならず、かつ先手で使用しないとみちづれにするのは難しい。

 

能力上昇打ち消し系

くろいきり

ヘイラッシャから先手で使えるのはヤミカラス、及びかるわざが発動したフワライドのみ。後手でもよければシャワーズ、チルタリスあたりは後手でも使えそう。最も使いやすいのはやはりヤミカラスと見られる。スカーフイルカマンのくろいきりという使用例も。

クリアスモッグ

先手で使えるのはかるわざが発動したフワライド、くだけるよろいが発動したグレンアルマ・ソウブレイズのみ。モロバレルやトリトドン、コータスは後手でも使えそう。

ただ相手がみがわりを持っていたり鋼テラスタルだったりするとすかされてしまうことを考えるとあまり安定しないようにも感じる。使ったことはないのでまだ使用感はわからない。

あまえる、フェザーダンス、鬼火

いたずらおにびが使えるのはヤミラミ、先手でおにびかあまえるかフェザーダンスが使えるのはファイアロー、サンダース、ドラパルト、タイカイデン。多少は戦うのが楽になるものの、相手の高い耐久力はまだ残っているためこれだけで十分な対策かは怪しいところ。

うそなき+特殊強打

特殊耐久はそこまででもないので、耐久を下げて強打する。

いたずらごころでうそなきが使えるのはオーロンゲ。先手でうそなきが使えるのはサンダース、マニューラ、マスカーニャ。へイラッシャから先手を取れる強力なアタッカーがいるならば。

威嚇

アメモース、レントラー、ムクホーク、イキリンコ、ギャラドス、マフィティフ、ウインディ、ケンタロス、ワルビアル、ボーマンダ、ハリーセン

1回の威嚇では焼け石に水であるものの、すてぜりふから繰り出すなどして重ねがけできれば攻撃力をあっという間に通常以下にできる。これだけでは解決しないが小さな対抗策の1つといったところ。

 

急所系

マスカーニャ

トリックフラワーで弱点を突けて確定急所。強化アイテムや草テラスタル、てだすけ、しんりょくなどの威力強化で一撃ダウンも狙える。マスカーニャ自体がヘイラッシャより速いのも良い。

難点は相手側もマスカーニャのことを警戒しており大抵草に耐性があるタイプにテラスタルしてくる。対策をマスカーニャだけに頼るのは危険。

きあいだめ

上手く活かせそうなのはサザンドラ、ボーマンダ、コノヨザルなど。確定急所りゅうせいぐんはコンセプトに一貫性があるので良さげ。

ただしドラゴン勢はヘイラッシャを倒した後のスカーフシャリタツとの戦いに注意が必要。

サンのみ+なげつける

ピントレンズ持ちやきょううん持ちになげつければ全ての攻撃が確定急所になる。最速2段階上昇ヘイラッシャより先に動けるなげつける持ちはマニューラとマスカーニャ。ヘイラッシャに先制できる攻撃役に良さげなポケモンを検討してみると、ひかえめドラパルトのりゅうせいぐん、サンダース・マルマイン・タイカイデンの10まんボルト。特性くだけるよろい持ちではグレンアルマのエナジーボールやポットデスのギガドレイン。特性びびり持ちはどれも微妙そう。

一通りみたところ、なげつけられ役はピントレンズ必須になってしまい、投げつけ側も実質アイテム無しになってしまったりと、汎用性を考えると微妙かもしれない。

 

特性系

てんねん

今使える特性てんねんのポケモンはラウドボーン、ドオー、ヘイラッシャ。(ヘイラッシャにはヘイラッシャで対抗...?)

ラウドボーンはタイプは不利だがテラスタルすれば互角に戦うことができる。状況を整えてやれば対策としてしっかり機能しそう。

トレース(サーナイト)

合体ヘイラッシャに対してトレースをするとどうやら確定でヘイラッシャの特性をトレースする模様。ということでてんねんをトレースすれば相手の能力上昇を無視できるようになる。今のルールだとトレースのポケモンはサーナイトのみであるものの、サーナイトはくさむすびで大ダメージを与えれたり、ムーンフォースでも良い感じのダメージを与えることができる。スカーフサーナイトの使用感は良かった

うつしえ(いたずらタギングル)

うつしえで自分と味方の特性を両方てんねんにすることで、相手の能力上昇を受け付けなくなる。タイカイデンや一致弱点を突けるスカーフ持ちがいればそのまま一撃でダウンさせることもできる。耐久面でも余裕が持てるのがポイント。うつしえ使用後はタギングルがいたずらごころでなくなってしまう点に注意。

スキルスワップ(+ものまねハーブ(びんじょう))

スキルスワップでてんねんを奪うことで相手の能力上昇を無視できるようにする。またものまねハーブで能力を上げていればこちらだけ一方的に2段階の能力上昇を振るえるようにする。

持ち物と技枠を食ってしまうため汎用性に欠けるのが難しいところ。またものまねハーブ持ちの場合は先出ししておく必要がある。また味方のほうはそのまま2段階上昇ヘイラッシャと戦うことになる点も注意。迅速にヘイラッシャを倒せるポケモンが望ましい。

可能性を感じたのは
マスカーニャ、ハピナス、サーナイト、エルレイド、ゲンガー、フワライド、ニンフィア、リキキリン、ゴチルゼル、イエッサン、クエスパトラあたり。

かげふみ(ゴチルゼル)

そもそも2匹の合体を阻止しようという考え。

ただし相手が初手で2匹並べたりした場合の合体までは阻止できない。先発には合体寿司に対抗できるポケモンを用意しておきたい。

よびみず

該当するのはトリトドン、ネオラント、シャリタツ。よびみずで味方をウェーブタックルから守りつつ戦う。テラバーストや地震は痛いので物理耐久はしっかり伸ばしておきたい。トリトドンはクリアスモッグが使える点も良い。

ものまねハーブ+かたやぶり

相手の能力上昇をコピーし、またかたやぶりで攻撃時に相手のてんねんを無効化することで等倍のダメージを与える。例えばオノノクスであれば、弱点を突けるテラバーストで大きなダメージを与えることができる(てだすけテラバーストなら乱数1発)

ただし相手からの攻撃時はそのまま2倍のダメージを受けてしまう。

交換不可に付け込む

アンコール

いたずらアンコールが使えるのはタギングル、ヤミラミ。相手がたべのこしの回復狙いでまもるを使ったり様子見のみがわりをした隙にアンコールすれば一切無力化ができる。相手が補助技を使用するという条件付きであるものの、決まれば強力。

あくび

決めることができれば相手は交代ができないため確実にねむり状態になる。ただ高い耐久力は健在なので、眠っている間にしっかり大ダメージを与えれるようにしたい。

プライバシーポリシー