maikeruポケモン総研

世界大会WCS2015 40位、全国大会PJCS2018ベスト16他、ポケモントレーナーmaikeruのポケモン研究ブログです。maikeru's Pokemon Blog

初めての一人暮らし ~賃貸物件探し~

自分もそろそろ一人暮らししてみたいなということで、初めての物件探しをしました。これからは新生活ということで物件選びをする方も多いかと思われるのと、いつかまた自分が他の物件を探すときのことも考えて自分の物件選びの基準や注意点などを記録としてまとめておこうと思います。

 

 

そもそもいつが物件探しに適した時か

1~3月は物件の出入りがとにかく激しい時期。その分2~4月は引っ越し料金も高くなりがちです。とにかく張り付いて何が何でも良い物件を見つけたい場合には良い時期かもしれません。ただ競争の激しいこの時期は良い物件が内見可能になる前に契約を取られてしまうことも多々あります、というか都心部はもう情報が上がったら即申し込むくらいでないとだめでした()

ので、内見してから決めるというような、じっくり決めたい方には4月以降がおすすめとのことです。そしてどうやら夏になると閑散期になるらしいです。そして秋からまた盛り上がって…と。詳しくは以下記事を。

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/season-for-apartment-hunting/

 

以下、QoL(Quality of Life)という言葉をよく使います。生活の質・快適さ、とでも定義しておきましょうか。

 

まずは物件検索

私はSUUMOを使いましたがHOME'sでもいいです。とりあえずはざっと物件を眺めてみる。検索条件を絞ってみる。どんな物件があるか、そして相場を調査しましょう。

【SUUMO】関東の不動産情報・不動産売買・住宅情報

 

Home’sのこの不動産アーカイブも非常に便利です。どんな物件がどの値段でどのくらいの頻度で売り出されているのかわかります。自分が気になった物件の情報はここで過去の売り出し状況を見ているとよいでしょう。
https://www.homes.co.jp/archive/

 

基本条件考察

間取り 1R or 1K

まあもっと大きくてもいいのですが基本その分高くなってしまうので、これが現実的な間取りでした。

1Rでも玄関と居間が仕切られていればいいのですが、自分が以下の条件で探していると出てくるのは1Kばかりでした。

 

居間 6.5帖以上

当然広いに越したことはないものの、妥協点はこのくらいかなと。自分が置きたいもの、自分が呼ぶ人数など考えると広さを設定しやすいかと。

 

築年数 15年以下、できれば10年以下

これも新しいに越したことはないです。特に築年数20に近付いてくると給湯器などにトラブルが発生する可能性が高くなってくるため、そういったトラブルを回避する意味での15年以下ライン設定でした。

基本的に新しい物件のほうが設備も新しく充実している傾向にはあると思われるのですが、それでも築年数が直接の決め手になるのは新築かどうかくらいのもので、それ以外はあくまで参考値で良いと思います。

 

駅徒歩 7分以下

なんとなくこのくらいかなと。毎日の移動時間という形で直接QoLに関係してくるので遠くとも10分以内には収めたい。

 

階層 高層階だと嬉しいが拘りはなし

・1Fのメリットは下への音を気にしなくていいということと、外との出入りが楽ということ。難点としてはセキュリティ的に外から見えやすいということと、近くに他の建物がある場合日当たりが悪くなりがちといったあたりでしょうか。

・最上階のメリットは上からの音が聞こえてこないこと。ストレスの種が1つ減ります。またその建物の中で最も日当たりが良いとも言えます。

・高層階層(6F以上?)のメリットとしては、見晴らしの良い景色と、そして高くなるほど虫の出現率が減るということ。これは安心して窓を開けれますね。ゴキブリなどが侵入してくる可能性も低く、虫が苦手な人にとってかなり安心して生活できる環境になりそうです。またセキュリティ的にもかなり安心です。難点は1Fへ下りたり上ったりするのが少し大変というくらいでしょうか。

 

ということで私個人としては、高層階だと嬉しいものの、建物も限られてしまうので階についてはそこまでこだわらないということにしました。

 

構造…防音性から鉄筋コンクリート(RC) or 鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)確定!

この意図はずばり防音性。隣接する部屋の音が響いてきてしまっては間違いなくストレス。自分自身も安心して友人などを呼べません。ここは最重要項目の1つと設定しました。SRCは耐震性・耐火性においてRCを上回りますが、防音性については同程度です。

RC造とSRC造の特徴と比較について

ただここにも書いてあるように、RCやSRCだからといって必ずしも防音性が高いとは限らないのが悩みどころ。防音性の確認はなかなか難しいので、う~んどうしたらいいんでしょうね。

ちなみにSRCはSUUMOでは「鉄筋鉄骨」と表記されており、最初自分は「ああコンクリートは入っていないのか」と誤解してしまいましたが、それどころか最も強固な鉄筋鉄骨コンSRCです。勘違いして良い物件を逃さないようにしましょう。

 

設備:必須

以下はあくまで私が必須としたものです。

バス・トイレ別

せっかくお風呂に入って体を綺麗にしてきたのに出てきたら目の前にトイレがあるの嫌じゃないですか?() 自分は嫌なので必須条件にしました。けっこう多くの方が必須条件とされているようです。

 

温水洗浄便座(ウォシュレット)

トイレについては、初期がウォシュレットでなくてもトイレの部屋にコンセントが付いていれば、そして大家さんが許可してくれればウォシュレットにできます。ただし退去時には原状復帰しなければならず、つまりその間元の便座を保管しておかなければならず、それはなんとなく嫌なので必須条件に。

なお、ウォシュレットと設備情報に書いてあったのに実際に内見したらあったかいだけのウォームレットだった、といったようなことがあったりしますのでここは内見時まで確認を油断なく。

 

宅配ボックス

通販をよく利用する自分にとってはQoLに直結するので必須に。あまり使わないのであれば妥協してもよいでしょう。

 

駐輪場

ちょっと運動したいときや、どこかへ出かけてみたいときに自転車はやっぱり使いたい。ただ、これは自分が地元でいつも自転車を使っていたので自転車がない生活は考えられなかったということであり、元々自転車をあまり使わない人なら重視しなくても大丈夫でしょう。

なお、雨などに濡れないよう屋根付きの駐輪場であることも確認しておきましょう。

 

有線インターネット

元はと言えば速い有線で機器を繋ぎたいのでした。自分には必須ですが特別そういう事情が無い人は特に重視しなくてもいいと思います。最悪インターネットついてなくても今なら工事不要のSoftbank Airとかもありますからね。

 

設備:重要

必須、というほどではないけれどもそれなりに重視したい設備。

TV付きインターホン

インターホンが鳴ったとき外に誰かが確認できるとやはり安心です。

 

脱衣所

QoLに直結するので必須にしたいくらいですが、思ってた以上に脱衣所付きの物件が無い!!。ということで泣く泣く重要止まり。脱衣所がない場合、脱衣所に置くべき色々なものがキッチンや居室へ出てきて場所が取られてしまうので、できるだけ脱衣所のある物件を選びたいところ。

 

良い物件を見つけたら

良い空き物件を見つけたら、次は不動産の仲介業者あるいは管理会社へ連絡して内見、あるいは予約(契約申し込み)をすることとなります。

基本的には内見をしてから申し込みをするべきものですが、人気物件だと内見より前に予約をしてしまわれるケースが多くあります。

少々勇気がいりますが、ここぞという物件が見つかったら思い切って申し込みをしてみましょう。

 

ということでいよいよ不動産会社に連絡。SUUMOなどから連絡すると多くの場合仲介業者さんへ連絡がいくこととなります。

不動産会社が良い不動産会社かどうかは正直運任せ。友人知人から信頼できる不動産屋さんを教えてもらうのが一番確実なのかなと思います。

ちなみに酷いところだと

物件申し込みをお願いし「完了しました」と言っていたにも関わらず実は申し込みをしておらず、後になって「審査に落ちました」と言う。(これは私が頼んでいた別の不動産会社の方が確認してくれたことで発覚したものでした)

問い合わせをしたら「まずは店舗に来てください」と言われ、その後問い合わせた物件そっちのけで物件紹介が始まった(俗に言う「おとり物件」というものらしいです。契約不可の人気物件の広告を出し、それを餌にまずは店舗へ来させる手法。)

 

なんてこともありました。

なんだか押しが強いところには気を付けた方がよいでしょう。

 

あと、不動産会社はあまり色々なところに顔を出してしまうと休日に色々訪ねる予定ができたりして大変なのでできるだけ絞りたいところ。自分は気になった物件の問い合わせ先に片っ端から電話したらなかなか大変なことになってしまいました。

 

管理会社を調べたい場合

仲介業者に依頼するのではなく、その物件の管理会社に連絡をしたいと考える場合もあるかもしれません。物件情報を正確に把握されていて安心もできますし、仲介手数料もかからなかったりしますからね。ただweb上で管理会社を調べるのはけっこう大変です。

1つ可能性が高いのは、実際に物件へ足を運んで物件に張られているプレートなどから管理会社を確認するという方法かもしれません。

直接物件に行く以外に管理会社を調べる方法ってあるのでしょうか?う~ん残念ながら私は知りません;

 

不動産会社に行くときは

気になる物件についてお話を聞きたい場合、あるいは物件探しを手伝ってほしい場合、物件の内見をする際に不動産会社の店舗を訪れることがあります。

物件探しのために店舗を訪れた場合でも、良さげな物件が見つかったらそのまま車で案内してもらって物件見学ということもあるので、物件探しに行くときは後ろの時間はなるべく空けておくこと

 

予約・仮押さえとは…既に物件契約であることに注意

f:id:maikeruexe:20190129000201p:plain

よく不動産屋さんと物件についてやり取りしていると「仮押さえしておきますか?」と言われることがあります。

が、正確には仮押さえというものはなく、それは実際の申し込み手続きのことを指します。強いて言うならば、物件申請をしてから審査が終了するまではある意味辞退もできる仮押さえ状態と言えるのかもしれません。なんだか就活の内定受諾みたいですね。

タイミングによってはなんだかんだ辞退ができることもありますが、今後同じ管理会社の物件に申し込んだときに審査で不利になる場合があるとのこと。微妙にいい物件が出た時に仮押さえするかどうかは迷ってしまいますね…。

 

良い物件が見つからなかったら…新着情報をこまめにチェック

一通り検索してみたものの、自分の納得のいく物件が見つからなかった場合もあるでしょう。

そのような場合は毎日こまめに不動産情報をチェックし、新着の物件を探すことになります。気になった物件があったら問い合わせ。

また不動産の仲介業者の方に事前に物件の希望を伝えておけば、希望に合致する物件情報が出てきた際に連絡をくださり、そのままスムーズに予約手続きまでしてくれる場合があります。非常に頼もしいです。

そこそこのペースでいい物件情報も出てくるので、ここぞという物件が見つからなかった場合は、時間がある場合は待ってみるのもよい手でしょう。良い物件は予約のスピード勝負なので、いい物件が見つかったらできるだけ早く動き、一番手(最初の予約者)を狙いましょう。

 

内見時に確認すべきこと

いよいよ物件の内見。SUUMOなどの物件情報に上がってる写真と違うということもけっこうあったりするので油断せず確認すること。

 

水回りの確認。

(したほうがいいらしいのですが私にはよくわかりませんでした;)

 

ごみ置き場との距離確認。

窓を開けたらごみ置き場が近いとか換気の上で最悪です。似た臭い観点で飲食店が近くにないか、も気を付けたいところ。

 

24時間換気システムの場所・タイプの確認

今や構築ルール上必須になっているらしく、2003年以降の建築物には必ず付いている、はずなのですが付いていない物件も結構あります。

また換気システムの中にもいくつか種類があるらしいので、種類と場所は内見時に確認しておくと良いでしょう。

 

網戸の確認

たま~に網戸がない物件があります。今は24時間換気システムなどで換気ができたりもするのですが、そうは言っても窓を開けて換気したいこともあるはず、そしてそのときに虫に入ってこられてはたまったものではありません。

 

エアコンの年数の確認

エアコンが古いとエネルギー効率が悪く、電気代が余計にかかってしまったりします。特に築年数が古い物件では確認しておきたいところ。

 

部屋の大きさ、柱の太さなどをメジャーで測り家具選び、配置に役立てる。

物件を内見して「これだ!!」と思ったのなら、気持ちは早いですが家具選びのために空間の数値を測っておくとよいでしょう。

 

内見が終わったら

内見が終わったら、その物件がいまいちであれば物件探しを続けることとなり、気に入ったらそこで確定することになります。

確定の返事は本当はその場で答えを出したいところですが、意外と終わって帰宅して落ち着いてから思うところがあったりします。答えも基本的には1日は待ってもらえるので、1晩置いて決心が揺らがないものであることを確認してから連絡をしましょう。

 

 

以上になります。自分もようやく良い物件が見つかりました。ちなみに自分は元々その物件の2番手(先に予約していた人がいた)だったのですが、審査落ち?キャンセル?で繰り上がったのでした。意外とキャンセルも出たりするのでダメ元でも2番手に申し込みを入れておくものですね。

ちなみに物件探しに動き始めたのが1月10日頃だったのでここまで約3週間、けっこう優柔不断にあれこれ悩んだのですがそれでもわりとあっという間に決まりました(というか時期的に2月入ると争奪戦がより激しくなるので、決まってよかったです)。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。皆様にも良い物件との縁がありますように…!

 

次回: 

www.maikeruexe.jp

プライバシーポリシー